2歳未満にマスクは不要、熱中症や窒息のリスク…日本小児科医会

 日本小児科医会は2020年5月25日、2歳未満の子どもにマスクは不要であるとするメッセージを発表した。マスクにより呼吸がしにくくなり呼吸や心臓への負担になるほか、熱中症や窒息のリスクが高まるという。

生活・健康 未就学児
2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!
  • 2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!
  • 日本小児科医会
 日本小児科医会は2020年5月25日、2歳未満の子どもにマスクは不要であるとするメッセージを発表した。マスクにより呼吸がしにくくなり呼吸や心臓への負担になるほか、熱中症や窒息のリスクが高まるという。

 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」では、外出時や屋内にいるとき、会話をするときには症状がなくてもマスクを着用することが推奨されている。しかし、日本小児科医会は、2歳未満の子どもにはマスクが危険であることから、着用させないよう呼びかけている。

 日本小児科医会によると、乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる。マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まるほか、マスクにより熱がこもるために熱中症のリスクも高まるという。

 また、顔色や口唇色、表情の変化など体調異変への気付きが遅れるなど、乳児に対する影響も心配されることから、2歳未満の子どもにマスクを使用しないように呼びかけた。

 米国疾病予防管理センター(CDC)やアメリカ小児科学会(AAP)も同様に、2歳未満の子どもにマスクを着用させることは危険だとして使用しないように注意喚起を行っている。

 世界の新型コロナウイルス小児感染症から、「子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である」「子どもの重症例は極めて少ない」「学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない」「感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、母子感染はまれ」であることが明らかになってきている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)