USJ、再開後の運営方法を公開…コロナ追跡システムも活用

長い休園期間を終えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月8日(月)~のソフトオープン、6月19日(金)~の一般営業を再開するにあたって、新しいパークの運営方法と衛生強化対策を公開した。

趣味・娯楽 小学生
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
長い休園期間を終えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月8日(月)~のソフトオープン、6月19日(金)~の一般営業を再開するにあたって、新しいパークの運営方法と衛生強化対策を公開した。



新しいパーク運営と衛生強化対策のデモンストレーションが同日、パークエントランスでの入場の時点で行われ、入場前の検温をはじめ、フィジカル・ディスタンスの確保(待ち列に足元サイン設置)、検温クルーの装備(フェイスガード・マスク・手袋)などを徹底して実施した。ゲストは入場すると、大阪コロナ追跡システムへの登録も案内されるという。

ライド・アトラクションやシアター・アトラクションなどでは、入口での手指消毒(アルコール設置)をはじめ、マスク着用の徹底、前後一列空けての着席など、フィジカル・ディスタンスの確保も行い、今後はレストランの利用においても、手指消毒やフィジカル・ディスタンス確保を行う。

エンターテインメント体験では、セサミストリートの仲間たちによるキャラクターグリーティングがデモで行われ、エンターテイナーとゲスト、 およびゲスト同士のフィジカル・ディスタンスの確保を実施。マスク着用の徹底などのほか、ハグやハイタッチなどは行わない模様だ。

合同会社ユー・エス・ジェイの有田順一オペレーション部長は、「ゲストの皆さまをはじめ、 クルーの健康と安全を確保することを最優先に考えて、徹底的に衛生を強化した運営プランを実行していくこととしました。ご来場のみなさまにもパーク内ではマスクの常時着用をお願いし、ゲスト同士のフィジカル・ディスタンスを確保いただくよう、ご案内してまいります。また、すべてのアトラクション施設では消毒液を設置し、さらにはパーク内の消毒に集中的に従事する担当クルーを新たに配置しました。安全をしっかり担保しながら、慎重に緩やかにパーク運営を再開させてまいります」と語った。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.

【USJ】大阪コロナ追跡システムも活用 新しいパークの運営方法を公開

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)