ストレス抱える子どもの心にどう寄り添う…6/14オンライン開催

 朝日新聞社は2020年6月14日、「ストレスを抱える子どもの心にどう寄り添うか」をテーマにしたオンラインイベントを開催する。新型コロナウイルスの影響でストレスを抱える子どもの心について、保護者のリアルな悩みを記者が専門家に投げかける。参加は無料、事前申込制。

教育イベント 保護者
オンラインイベント「学校再開、子どもの心にどう寄り添う?専門家に聞く」
  • オンラインイベント「学校再開、子どもの心にどう寄り添う?専門家に聞く」
  • 朝日ID
 朝日新聞社は2020年6月14日、「ストレスを抱える子どもの心にどう寄り添うか」をテーマにしたオンラインイベント「学校再開、子どもの心にどう寄り添う?専門家に聞く」を開催する。新型コロナウイルス感染症の影響でストレスを抱える子どもの心について、保護者のリアルな悩みを記者が専門家に投げかけながら進める。参加は無料、事前申込制。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のため長期休校していた学校が相次いで再開されるなか、ストレスを抱える子どもたちや、悩み・戸惑う保護者が増えているという。オンラインイベントでは、そうした子どもたちの心にどう寄り添い、保護者はどう向き合うか、心のケアの専門家と現職の中学校長を招き、リアルな悩みをもとに考える。

 登壇者は、ストレスマネジメントネットワーク代表で、朝日新聞社と開発中のストレスケアアプリ「こころコンディショナー」の監修を務める、精神科医の大野裕氏。学校になじめない子どもの「居場所カフェ」を大阪市の中学校として初めて導入し、子どもたち、保護者たちのストレスと向き合う、大阪市立市岡中学校長の西川孝治氏の2名。加えて、朝日新聞記者の記者2名が専門家にさまざまな角度から質問をぶつけながらイベントを進行する。

 参加は無料。朝日新聞社のオンライン共通サイト「朝日ID」にて無料会員登録後、サイトから申し込む。申込締切は6月12日正午。なお、このイベントは朝日新聞の「#withyou~きみとともに~」「#ニュース4U」との連動企画。さまざまな生きづらさを抱えた子どもたちに「ひとりじゃないよ」と伝えたい、SNSで情報交換しながらみんなで課題を解決していこう、という企画で、それぞれの担当記者たちが事前に募った質問なども専門家にぶつける。

◆オンラインイベント「学校再開、子どもの心にどう寄り添う?専門家に聞く」
日時:2020年6月14日(日)15:30~16:30(予定)
会場:オンライン(申込者に別途参加URLを送付)
定員:なし
参加費:無料
申込方法:朝日IDのサイト内、該当イベントページから申し込む
申込締切:2020年6月12日(金)12:00
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)