新型コロナの消毒法、次亜塩素酸水も有効…経産省ら最終報告

 経済産業省と製品評価技術基盤機構 (NITE)は2020年6月26日、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告を発表した。すでに公表済みの界面活性剤のほか、「純石けん分」(界面活性剤)と一定濃度以上の「次亜塩素酸水」についても有効とした。

生活・健康 その他
新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法(一覧)
  • 新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法(一覧)
  • 「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項
  • 「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項
 経済産業省と製品評価技術基盤機構 (NITE)は2020年6月26日、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告を発表した。すでに公表済みの界面活性剤のほか、「純石けん分」(界面活性剤)と一定濃度以上の「次亜塩素酸水」についても有効とした。

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、経済産業省の要請を受けたNITEが4月に「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を設置。消毒方法の有効性評価を進め、6月25日の第5回検討委員会において最終報告を取りまとめた。

 界面活性剤については、すでに有効性を確認済の7種に加え、純石けん分(脂肪酸カリウム、0.24%以上)と純石けん分(脂肪酸ナトリウム、0.22%以上)も有効と判断した。

 次亜塩素酸水については、有効塩素濃度35ppm以上の次亜塩素酸水(電解型/非電解型)を有効と判断。ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かしたものは、有効塩素濃度100ppm以上について有効とした。

 次亜塩素酸水の利用にあたり、検証結果を踏まえた注意点も発表。「汚れ(手垢や油脂などの有機物)をあらかじめ除去すること」「対象物に対して十分な量を使用すること」について、次亜塩素酸水の利用にあたって注意が必要とした。

 なお、「次亜塩素酸水」は、従来から新型コロナウイルス対策として物品の消毒に使用することが推奨されている「次亜塩素酸ナトリウム」(ハイター、ブリーチなど塩素系漂白剤の主成分)とは別のもの。混同しないよう注意が必要。

 このほか、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価によって、ウイルスに有効な消毒・除菌方法が新たに確認されたことを受けて、経済産業省と厚生労働省、消費者庁は6月26日、身の回りのウイルスの消毒・除菌方法、消毒剤の選び方・使い方などを取りまとめ、発表している。

 消毒や除菌効果をうたう商品については、目的にあったものを正しく選ぶよう呼び掛け、「使用方法」「有効成分」「濃度」「使用期限」の4点をチェックポイントにあげている。手指のウイルス対策には「石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗い」を勧め、物品のウイルス対策には「塩素系漂白剤や、一部の家庭用洗剤等が有効」としている。

 次亜塩素酸水を使って物のウイルス対策をする場合の注意事項、効果的に使うためのポイント、購入・使用するときのポイントなどもまとめている。次亜塩素酸水を流水で掛け流すときは「有効塩素濃度35ppm以上」、拭き掃除に使うときは「有効塩素濃度80ppm以上」のものを使うよう呼び掛けている。

 NITEのWebサイトでは、新型コロナウイルスへの効果が確認された界面活性剤が含まれている洗剤などの製品リストも公開している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)