早稲田大、世界標準入試システムTAO採用…9月より利用開始

 早稲田大学は2020年9月より、世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(TAO)」を利用した志願者募集を開始する。学生は、1つのフォームで複数の大学に出願できる。日英両言語に対応しているので、海外からの出願受付も可能。

教育業界ニュース 教材・サービス
早稲田大学は世界標準入試システム「The Admissions Office(TAO)」を導入する
  • 早稲田大学は世界標準入試システム「The Admissions Office(TAO)」を導入する
 早稲田大学は2020年9月より、世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(TAO)」を利用した志願者募集を開始する。学生は、1つのフォームで複数の大学に出願できる。日英両言語に対応しているので、海外からの出願受付も可能。

 The Admissions Office(TAO)は、世界標準のオンラインアプリケーション。日本語・英語で利用でき、グローバル対応のシステムでありながら、独自フォームの作成機能やCSVインポート/エクスポート機能など日本の大学の実情にあわせた運用が可能。国内学生のAO入試や多面的・総合的評価型入試、海外学生の募集にも活用できる。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)