【大学受験2021】東大、追試験を実施…新型コロナ対応

 東京大学は2020年7月31日、令和3年度(2021年度)入学者選抜における新型コロナウイルス感染症への対応について発表した。文部科学省通知を踏まえ、新型コロナウイルス感染症に罹患した入学志願者の受験機会を確保するため、追試験を実施する。

教育・受験 高校生
令和3年度入学者選抜における新型コロナウイルス感染症への対応について
  • 令和3年度入学者選抜における新型コロナウイルス感染症への対応について
  • 募集人員
  • 第1段階選抜の予定倍率
 東京大学は2020年7月31日、令和3年度(2021年度)入学者選抜における新型コロナウイルス感染症への対応について発表した。文部科学省通知を踏まえ、新型コロナウイルス感染症に罹患した入学志願者の受験機会を確保するため、追試験を実施する。

 2021年度の一般入試の概要によると、東京大学は分離分割方式(前期日程)により、第2次学力試験を実施する。出願期間は、2021年1月25日~2月5日。大学入学共通テストの特例追試験(2月13日・14日)の受験者については、出願期間を別途定める予定。詳細は、11月中旬発行予定の入学者募集要項を参照のこと。

 試験実施期日は、2021年2月25日・26日・27日(27日は理科三類のみ)。一般選抜に出願し、新型コロナウイルス感染症に罹患したため、受験ができなかった者を対象とした「追試験」を実施する。追試験の詳細は、決定次第、東京大学のWebサイトなどで公表するという。

 募集人員は前年度(2020年度)と同様、文科一類が401人、文科二類が353人、文科三類が469人、理科一類が1,108人、理科二類が532人、理科三類が97人、計2,960人。第1段階選抜の予定倍率も2020年度と同様、文科一類が約3.0倍、文科二類が約3.0倍、文科三類が約3.0倍、理科一類が約2.5倍、理科二類が約3.5倍、理科三類が約3.5倍。第1段階選抜合格者発表は2月16日、最終合格者発表は3月10日正午ごろ。

 東京大学のWebサイトには、大学案内2021(7月発行)や入学者選抜要項、学校推薦型選抜学生募集要項、外国学校卒業学生特別選考募集要項などが掲載されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)