中高生の5人に1人が「オンラインのほうが自信が持てる」

 テアトルアカデミーが全国の10代から20代を対象に行った、オンライン上のコミュニケーションに関する調査によると、中高生の18.8%が「オンラインレッスン」の受講経験があり、5人に1人以上は「オンラインのほうが自信を持てる」と回答した。

教育ICT 中学生
オンラインのほうが自信をもって話せると感じることがあるか
  • オンラインのほうが自信をもって話せると感じることがあるか
  • オンラインレッスンを受けたことがあるか
  • オンラインレッスンではどのようなレッスンを受けたか
 テアトルアカデミーが全国の10代から20代を対象に行った、オンライン上のコミュニケーションに関する調査によると、中高生の18.8%が「オンラインレッスン」の受講経験があり、5人に1人以上は「オンラインのほうが自信を持てる」と回答した。

 オンライン上のコミュニケーションに関する調査は2020年7月17日~21日、全国の中学生・高校生の男女250名と全国の18歳(高校3年生を除く)以上29歳以下の男女250名を対象に行った。

 「オンラインレッスンを受けたことがあるか」との質問に、「何度もある」は6.2%、「ある」は10.0%と、全体で合計16.2%が「ある」と回答した。

 中学生・高校生でオンラインレッスンを受けたことがある割合は18.8%、18歳(高校3年生を除く)~29歳では13.6%だった。学校や塾のオンライン化が進んでいることから、中学生・高校生の方がオンラインレッスンの受講経験者が多い傾向にあった。

 オンラインレッスンを受けた感想としては、「質問がしづらい」「友だちに会えない」という意見がある一方、「移動時間と交通費が節約できる」「リラックスできる」といった意見が目立った。

 「オンラインのほうが自信を持って話せると思うか」との質問では、「感じる」3.4%、「どちらかというと感じる」17.8%で、5人に1人以上となる21.2%が「オンラインのほうが自信を持って話せる」と回答した。理由としては、「気が楽」「余計な緊張をしない」「リラックスできる」などがあげられた。 
 
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)