勉強計画「必要」中高生の9割…実行は約半数

 中高生の9割が試験の点数アップや目標達成のためには勉強計画を立てるべきと考えているのに対し、実際に実行できているのはその約半数であることが、コクヨが2020年8月27日に発表した調査結果より明らかとなった。

教育・受験 中学生
勉強計画を立てるべきだと思うか/自分はできているか
  • 勉強計画を立てるべきだと思うか/自分はできているか
  • 勉強計画を立てられていないと思う理由
 中高生の9割が試験の点数アップや目標達成のためには勉強計画を立てるべきと考えているのに対し、実際に実行できているのはその約半数であることが、コクヨが2020年8月27日に発表した調査結果より明らかとなった。

 中高生の学びに関する実態調査は、日本全国の中高生を対象に実施したもの。2020年6月25日から26日に調査を実施し、824人の回答を得た。

 「勉強計画」「ノートの取り方」「暗記法」の3項目について、試験の点数アップや目標達成など、勉強で結果を出すためにやるべきだと思うか、また自分はできていると思うかを調査。「勉強計画」については、91.4%が「やるべき」と考えているのに対し、実際に実行できているのは46.0%にとどまり、3項目の中で理想と現実のギャップがもっとも大きかった。

 勉強計画を立てられていないと思う理由について聞いたところ、「計画を立ててもその通りに実行できないから」という回答がもっとも多かった。このほか、「計画を立てるのが面倒くさいから」「計画の立て方がわからないから」「計画を立てる時間がないから」の順に続いた。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)