ベネッセ「子どもの潜在能力診断」公開…著名人の夢の履歴書も

 ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ 中学準備講座」では、小学6年生とその保護者を対象とした「子どもの潜在能力診断」と「ユメレキ(新・夢の履歴書)」を2020年10月1日に公開した。「ユメレキ」には、元卓球日本代表の福原愛氏や古坂大魔王が登場する。

教育・受験 小学生
子どもの潜在能力診断
  • 子どもの潜在能力診断
  • 診断9タイプ例
  • ユメレキ
 ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ 中学準備講座」では、小学6年生とその保護者を対象とした「子どもの潜在能力診断」と「ユメレキ(新・夢の履歴書)」を2020年10月1日に公開した。「ユメレキ」には、元卓球日本代表の福原愛氏や古坂大魔王が登場する。

 ひとりひとりの社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す「キャリア教育」。2020年3月に、国立教育政策研究所が公表した調査結果によると、2019年度は79.9%の小学校でキャリア教育の全体計画を策定している一方で、年間指導計画まで策定しているのは50.5%に留まっていることがわかった。

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、臨時休校やオンラインでの授業など、これまでとは異なる教育・学習が実施されており、一緒にいる時間が増えた保護者の果たす役割が重要になってきていることが考えられる。そこで「進研ゼミ 中学準備講座」では、保護者と子どもで話すきっかけを作り、中学入学後の少し近い将来について話す機会を持てるよう、2つの取組みを進めてきた。

 1つめは、心理テスト「エゴグラム」をもとに、約数十万人のアンケート調査や心理テストから導き出した「ディグラム診断」をベースとする潜在能力診断「将来の夢が見つかる!?子どもの潜在能力診断×ディグラム・ラボ」。10問2択式の質問に回答して子どもが自身を診断するパターンや、保護者が自身または子どもを診断するパターンなど、4つの性格診断を公開している。回答後、「リーダーシップタイプ」「優しいおっとりタイプ」などの診断結果が表示され、子ども自己診断パターンでは、診断されたタイプの詳細や、そのタイプにお勧めの職業などを見ることができる。

 2つめは、中学進学に向けて準備を進める子どもに、「夢を持つことの大切さ」を伝える「ユメレキ(新・夢の履歴書)」。著名人や、憧れの職業に就いている先輩たちの、小中学生時代の過ごし方や夢を持ったきっかけ、中学に向けて身に付けるべき力などのインタビュー内容を掲載。元卓球日本代表の福原愛氏や仮面ライダーシリーズで主演を務めた俳優の飯島寛騎氏などの著名人や、パイロット、客室乗務員など憧れの職業に就く人たちのエピソードが公開されており、今後も順次更新されていくという。

 「将来の夢が見つかる!?子どもの潜在能力診断×ディグラム・ラボ」「新・夢の履歴書」ともに公開期間は、2020年10月1日から2021年3月31日までの予定。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)