東進、海外大学留学支援制度を増額…給付総額は約4,000万円

 東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営するナガセは2020年10月19日、「東進 海外大学留学支援制度」の支援内容を拡充したと発表した。1人あたりの給付金の総額を、総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,000万円)に増額する。

教育・受験 高校生
東進 海外大学留学支援制度
  • 東進 海外大学留学支援制度
  • 対象大学にオックスフォード大学が追加された
 東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営するナガセは2020年10月19日、「東進 海外大学留学支援制度」の支援内容を拡充したと発表した。1人あたりの給付金の総額を、総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,000万円)に増額する。

 東進 海外大学留学支援制度は、日本全国の未来のリーダー候補である高校生に対して、世界のトップレベルの頭脳が集う海外大学への進学を支援するもの。卒業後は各分野において、日本代表として世界を舞台に活躍する人材になることを目的としている。

 留学するには、学費、寮費や保険料のほか、学習・研究、海外での日常生活にかかわる費用も必要となる。そこで、自己負担の心配なく留学の成果をあげてもらうため給付金の増加を決定した。これまで、1人あたり総額最大28万ドル(年間最大7万ドル4年間、約3,000万円)だった給付金を、総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,000万円)に増額する。なお、留学先大学により給付額は異なる。

 また、対象大学に英国のオックスフォード大学を追加。対象大学は、ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学の8校となった。

 東進 海外大学留学支援制度の対象者は、全国統一高校生テスト決勝大会の成績と人物評価面接により選抜する。対象人数は各学年最大10名。

◆東進 海外大学留学支援制度
対象大学:ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学
対象人数:各学年最大10名
選抜方法:全国統一高校生テスト決勝大会の成績と、人物評価面接により支援対象者を選抜
※全国統一高校生テストは年2回(6月・10月ごろ)開催
支援内容:
・米国/1人あたり総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,000万円)を給付(返済不要)
・英国/1人あたり総額26万ポンド(年間6.5万ポンド4年間、約3,520万円)を給付(返済不要)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)