【高校受験2021】福島県立高入試、全日制募集定員は前年度比560人減

 福島県教育委員会は2020年10月16日、2021年度(令和3年度)県立学校生徒募集定員について公表した。全日制高校の生徒募集定員は、前年度(2020年度)比560人減の1万2,670人。

教育・受験 中学生
令和3年度福島県立高等学校生徒募集定員
  • 令和3年度福島県立高等学校生徒募集定員
  • 令和3年度福島県立高等学校生徒募集定員
  • 令和3年度福島県立高等学校生徒募集定員
  • 令和3年度福島県立中学校生徒募集定員
 福島県教育委員会は2020年10月16日、2021年度(令和3年度)県立学校生徒募集定員について公表した。全日制高校の生徒募集定員は、前年度(2020年度)比560人減の1万2,670人。

 2021年3月県内中学校卒業見込者数は、前年度比694人減の1万5,900人。2021年度県立高校の生徒募集定員について、全日制は1万2,670人(前年度比560人減)、定時制は480人(同・増減なし)、通信制は400人(同・増減なし)、専攻科は30人(同・増減なし)を募集。全日制高校は、現行どおり1クラス40人で編制するが、中山間地域にある小規模校のうち、南会津は35人で編制する。

 募集定員の変更があったのは、福島工業(機械)、福島西(普通)、本宮(情報会計)、郡山東(普通)、郡山(普通)、あさか開成(国際科学・単位制)、小野(総合・単位制)、会津学鳳(総合・単位制)、平商業(情報システム)、小高産業技術(機械)でそれぞれ40人減。このほか、会津工業(電気)、会津工業(情報技術)、喜多方(普通)、喜多方東(普通)、小名浜、いわき海星、勿来工業(電子)が募集停止、会津工業(電気情報)、喜多方(普通・単位制)、小名浜海星が募集再開となる。

 2021年度福島県立高等学校入学者選抜の日程は、前期選抜・連携型選抜が2021年2月4日~9日に出願、2月10日~15日に出願先変更を受け付け、3月3日に学力検査・面接など、3月15日に合格者発表を行う。後期選抜は3月16日~17日に出願、3月18日に出願先変更を受け付け、3月22日に面接など、3月23日に合格発表を実施する。

 また、2021年度県立中学校生徒募集定員について、会津学鳳は90人(前年度比増減なし)、ふたば未来学園は60人(同)を募集する。

 このほか、福島県教育委員会Webサイトでは、2021年度県立特別支援学校高等部生徒募集定員についても公開。各学校の生徒募集定員一覧表も掲載している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)