【高校受験2021】兵庫県公立高、募集定員は前年度比1,200人減

 兵庫県教育委員会は2020年10月19日、2021年度(令和3年度)公立高等学校生徒募集計画を発表した。全日制の課程は、前年度(2020年度)比1,200人減の3万160人を募集する。

教育・受験 中学生
全日制の課程の募集定員
  • 全日制の課程の募集定員
  • 学科の新設・改編の内訳
  • 令和3年度公立高等学校生徒募集定員一覧表
  • 令和3年度公立高等学校生徒募集定員一覧表
  • 令和3年度公立高等学校生徒募集定員一覧表
  • 令和3年度公立高等学校生徒募集定員一覧表
  • 令和3年度公立高等学校生徒募集定員一覧表
 兵庫県教育委員会は2020年10月19日、2021年度(令和3年度)公立高等学校生徒募集計画を発表した。全日制の課程は、前年度(2020年度)比1,200人減の3万160人を募集する。

 2021年3月の国公立中学校卒業見込者数は、前年比1,753人減の4万3,100人。2021年度公立高校の募集定員は、全日制の課程が3万160人。このうち、県立が前年度比1,080人減の2万5,960人、市立が前年度比120人減の4,200人。

 学科の新設・改編について、小野工業は機械科・金属工業科・電子科を統合し、新たに機械工学科・電子科を設置。山崎は森林環境科学科と生活創造科を統合し、新たに森と食科を設置する。

 前年度と比べて募集定員を減らす学校は、東灘(普通)、芦屋(普通・単位制)、夢野台(普通)、神戸鈴蘭台(普通)、星陵(普通)、舞子(普通)、尼崎西(普通)、武庫荘総合(総合)、西宮北(普通)、西宮甲山(普通)、西宮今津(総合)、西宮東(普通)、宝塚東(普通)、宝塚北(普通)、宝塚西(普通)、市立伊丹(普通)、川西北陵(普通)、猪名川(普通)、北摂三田(普通)、三田祥雲館(普通・単位制)、柏原(普通)、高砂(普通)、播磨南(普通)、西脇(普通)、三木北(普通)、小野(普通)、吉川(普通)、市立琴丘(普通)、赤穂(普通)で、それぞれ40人ずつ減らす。また、山崎(生活創造)が学科改編により募集を停止(40人減)する。

 2021年度兵庫県公立高校入試日程について、推薦入学・特色選抜・多部制I期試験・外国人生徒にかかわる特別枠選抜は、適性検査や面接などを2021年2月16日(一部の学校は2月17日も実施)、合格者発表を2月21日に実施。学力検査は3月12日に行い、3月13日に総合学科の実技検査、3月19日に合格者発表を実施する。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)