ドラレコをインフラメンテナンスに活用、実証実験へ

アーバンエックステクノロジーズと三井住友海上火災保険は10月27日、ドライブレコーダーを活用して社会インフラのメンテナンスを支援する実証実験を実施することで合意したと発表した。

生活・健康 その他
道路メンテナンスの点検業務における分析イメージ
  • 道路メンテナンスの点検業務における分析イメージ
アーバンエックステクノロジーズと三井住友海上火災保険は10月27日、ドライブレコーダーを活用して社会インフラのメンテナンスを支援する実証実験を実施することで合意したと発表した。

アーバンエックスは、スマートフォンカメラで撮影した画像のAI分析で、道路の損傷箇所を検知するシステムを開発、これまで20以上の自治体で実証実験を行ってきた。

今回、三井住友海上の専用ドライブレコーダーをアーバンエックスに提供し、両社でドライブレコーダーを活用した実証実験を実施することで、自治体における道路などの社会インフラのメンテナンスを支援する。

実証実験では、三井住友海上が提供する専用ドライブレコーダーにアーバンエックスがAI画像分析機能を実装し、各自治体による自動車走行を通じてデータを収集する。これによって道路の損傷場所を適切に検知できるかという技術的な課題を検証する。

専用ドライブレコーダーが記録する画像の品質やハードウェア性能を検証し、道路メンテナンスの点検業務への有用性も確認する。実験は東京都品川区、千葉県千葉市、石川県加賀市、滋賀県大津市、兵庫県尼崎市で実施する。

自治体の道路の点検業務の高度化・効率化につなげ、道路の適切な維持管理を図る。

ドライブレコーダーをインフラメンテナンスに活用 実証実験を実施へ

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)