【高校受験2021】福島県「県立高校入試早わかり」公開

 福島県教育委員会は2020年10月27日、令和3年度県立高等学校入学者選抜関連情報「がんばれ受験生!県立高校入試早わかり」を公表した。どのような高校があるか、また、通学区域や入試の概要について紹介している。

教育・受験 中学生
福島県教育委員会
  • 福島県教育委員会
  • 福島県立高校一覧
 福島県教育委員会は2020年10月27日、令和3年度県立高等学校入学者選抜関連情報「がんばれ受験生!県立高校入試早わかり」を公表した。どのような高校があるか、また、通学区域や入試の概要について紹介している。

 福島県立高等学校には、全日制、定時制および通信制の課程があり、学科の種類には、普通科と専門学科、総合学科の3つがある。専門学科の中には、理数科や英語科などの「普通系」と、農業科や工業科など専門的内容の基礎や基本を学ぶ「職業系」がある。この、専門学科である理数科や農業科などを大学科とよび、その中に「電子機械科」「情報処理科」など小学科が設置されている。

 全日制課程の普通科については、保護者の居住区域によってそれぞれ通学区域が決められている。それ以外の専門学科や総合学科、定時制および通信制課程については、保護者が県内のいずれの市町村に住んでいても出願可能。通学区域についての詳細は、「令和3年度福島県立高等学校入学者選抜実施要項」68ページから74ページの「福島県立高等学校の通学区域に関する規則」で確認できる。

 入学者選抜は、すべての全日制および定時制の学校・学科で前期選抜となる「特色選抜」と「一般選抜」が行われる。また、一部の全日制課程では、「連携型中高一貫教育に係る入学者選抜」が実施され、これらで定員が満たなかった学校・学科で、後期選抜が実施される。ほかにも、全日制課程の一部で「外国人生徒等に係る特別選抜」が行われる。

 選抜方法は、「一般選抜」は学力検査や調査書、一部の学校・学科では面接が実施され、「特色選抜」は学力検査や調査書に加え、志願理由書や特色面接、特色検査が行われる。「後期選抜」は、調査書、面接および小論文により選抜。また、通信制課程は調査書などの提出のみで、学力検査は実施されない。

 「がんばれ受験生!県立高校入試早わかり」にはこのほかにも、県外から転入予定の生徒、外国人や帰国子女、不登校だった場合の出願情報などについても掲載されている。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)