小学生が選ぶ今年の漢字「笑・幸・新」がトップ3

 小学生が選ぶ「今年の漢字」のトップ3は、「笑」「幸」「新」であることが、ベネッセホールディングスが2020年12月3日に発表した調査結果より明らかになった。コロナで生活が大きく変化する中でも、前向きで充実した小学生生活を送っていたことがうかがえる。

生活・健康 小学生
 小学生が選ぶ「今年の漢字」のトップ3は、「笑」「幸」「新」であることが、ベネッセホールディングスが2020年12月3日に発表した調査結果より明らかになった。コロナで生活が大きく変化する中でも、前向きで充実した小学生生活を送っていたことがうかがえる。

 調査は、小学3年生~6年生の「進研ゼミ小学講座」会員を対象に実施したもの。調査人数は7,661人で、このうち女子5,170人、男子2,491人となっている。調査期間は11月20日~23日。

 1年を表す漢字の1位は「笑」284票で、「コロナでも笑顔でがんばれた」「家族や友達といっぱい笑った」などが理由にあがっている。2位は「幸」250票、3位は「新」178票。「幸」の理由は「学校に行ける幸せを感じた」「家族と過ごす時間が幸せ」、「新」の理由は「コロナで新しい生活に」「新しい世界や楽しみを味わった」など。

 トップ3はすべてポジティブな漢字であり、コロナで生活が大きく変化する中でも、それを新しい経験として、楽しみや幸せを見つけながら、家族や友達と充実した日々を送っていたことがうかがえる。

 小学生が憧れる人を聞いたところ、1位には「鬼滅の刃」の主人公「竈門炭治郎」618票が選ばれた。2位は「お母さん」393票で、どちらも「優しい」「家族のためにがんばっている」点が憧れの共通点だという。「鬼滅の刃」の登場人物は、トップ10の中に7人ランクインしている。

 女子のなりたい職業1位は「芸能人」535票、2位「漫画家・アニメーター・イラストレーター」478票、3位「パティシエ」396票。男子は、1位「ゲームクリエイター・プログラマー」343票、2位「ユーチューバー」339票、3位「サッカー選手」187票であった。

 女子1位の「芸能人」には、ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」、男子1位の「ゲームクリエイター・プログラマー」には、「あつまれどうぶつの森」「フォートナイト」「マインクラフト」といったゲームの流行が影響していると考えられる。

 今年好きになったものと聞いたところ、「鬼滅の刃」2,216票が1位。2位「ゲーム」589票に大差をつけている。このほか、3位「アニメ」431票、4位「読書」384票、5位「あつまれどうぶつの森」380票と、家で楽しめるものが上位にランクインした。

 2020年冬にお願いする予定のクリスマスプレゼントは、1位「ゲーム機・ソフト」2,735票。2位「本・マンガ」1,069票、3位「スマートフォン」609票、4位「人形・ぬいぐるみ」「プラモデル」各496票、5位「文房具」423票が続いている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)