教育機関向け「TOEFL iBT Home Edition」案内サイト公開

 TOEFLテスト主催団体ETSは2020年12月7日、新型コロナウイルス感染防止の対応策として提供している自宅受験「TOEFL iBT Home Edition」の教育機関向け案内サイトを公開した。

教育・受験 未就学児
教育機関向け「TOEFL iBT Home Edition」案内サイト
  • 教育機関向け「TOEFL iBT Home Edition」案内サイト
 TOEFLテスト主催団体ETSは2020年12月7日、新型コロナウイルス感染防止の対応策として提供している自宅受験「TOEFL iBT Home Edition」の教育機関向け案内サイトを公開した。

 「TOEFL iBT Home Edition」は、テスト会場で受験するTOEFL iBTテストと同じ内容、フォーマット、画面のテストを「ProctorU」の試験監督者によるオンライン監視のもと、自分のパソコンを使用して自宅で受験できる。また、会場受験のTOEFL iBTテストと同じく、研究に基づいた妥当性、信頼性のあるテストであり、そのセキュリティも確保されている。そのため、「TOEFL iBT Home Edition」のスコアは、会場受験のTOEFL iBTテストと同様に公式スコアとして取り扱うことができ、入試などで活用できる。

リシードで全文を読む
《田中志実》

【注目の記事】

特集

page top