【中学受験2021】大阪府公立中高一貫校の志願倍率、水都国際4.45倍

 大阪市教育委員会と大阪府教育庁は2021年1月6日、府内公立中高一貫校の令和3年度(2021年度)入学者選抜における志願状況を発表した。志願倍率は市立水都国際が4.45倍、市立咲くやこの花が4.05倍、府立富田林が3.12倍。

教育・受験 小学生
令和3年度大阪市立水都国際中学校入学者選抜志願状況表
  • 令和3年度大阪市立水都国際中学校入学者選抜志願状況表
  • 令和3年度大阪市立咲くやこの花中学校入学者選抜志願状況表
  • 令和3年度大阪府立富田林中学校入学者選抜志願者数
 大阪市教育委員会と大阪府教育庁は2021年1月6日、府内公立中高一貫校の令和3年度(2021年度)入学者選抜における志願状況を発表した。志願倍率は市立水都国際が4.45倍、市立咲くやこの花が4.05倍、府立富田林が3.12倍。

 水都国際は募集人員80人に対し、志願者数356人、志願倍率4.45倍。咲くやこの花は募集人員80人に対し、志願者数324人、志願倍率4.05倍。咲くやこの花の志願倍率を分野別にみると、ものづくり(理工)が6.50倍、スポーツが1.90倍、言語が3.60倍、芸術(美術・デザイン)が4.20倍。富田林は募集人員120人に対し、志願者数374人、志願倍率3.12倍。

 今後、水都国際と咲くやこの花は1月23日と24日に適性検査Iと適性検査II、面接を実施し、1月30日に選抜結果を発表。富田林は1月23日に適性検査などを実施し、1月31日に合格発表を行う。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)