【大学入学共通テスト2021】太平洋側は晴れ…試験場の天気チェック

 2021年度(令和3年度)大学入学共通テストが1月16日と17日に実施される。北日本を中心に荒れた天気となり、北日本の日本海側では暴風雪となるおそれがある。北日本から西日本にかけての太平洋側は晴れ。

教育・受験 高校生
1月16日の天気
  • 1月16日の天気
  • 大学入学共通テスト会場(681か所)の天気
  • 北海道大学試験場の天気予報(1月16日・1時間ごと)
 2021年度(令和3年度)大学入学共通テストが1月16日と17日に実施される。北日本を中心に荒れた天気となり、北日本の日本海側では暴風雪となるおそれがある。北日本から西日本にかけての太平洋側は晴れ。

 気象庁が1月15日午前10時45分に発表した天気予報によると、17日ごろは冬型の気圧配置が強まって北日本を中心に荒れた天気となり、低気圧の発達の程度などによっては北日本の日本海側では暴風雪となるおそれがある。東日本から西日本にかけての太平洋側は、高気圧に覆われて晴れとなる。東京は16日が晴れのち曇り、17日が曇り。大阪は16日と17日が曇りのち晴れ。福岡は16日が曇りのち晴れ、17日が曇り。

 ウェザーニュースでは全国681か所を網羅した「大学入学共通テスト会場の天気」を公開しており、都道府県と試験場名から試験場の天気を確認できる。

 また、ヤフーは天気や交通手段の確認のために「Yahoo!天気」アプリと「Yahoo!乗換案内」アプリを提供している。「Yahoo!天気」アプリは、試験当日の天気や気温、降水確率を確認できるほか、「雨雲レーダー」「雨雪レーダー」で雲の位置や降水・降雪の強度を地図上で確認できる。また、電車の遅延や運転見合わせが発生した場合には、「Yahoo!乗換案内」アプリで運行情報が発生している路線を迂回した代替ルートが検索でき、スムーズに会場へたどり着ける。

 試験当日は時間に余裕をもって試験会場に向かうことをお勧めする。大学入試センター試験の受験案内によると、雪や地震などによる災害、試験実施上の事故、そのほかの事情により本試験が所定の期日に実施できない、または完了しなかった場合のみ再試験を実施する。再試験の実施期日は、2021年1月16日と17日の再試験が1月30日と31日、1月30日と31日の再試験が2月13日と14日とし、当日の実施が不可能な場合はこの期日より後にできるだけ速やかに実施する。

 試験当日に、交通機関に遅れや運転の見合せが生じているときは、試験場で試験開始時刻の繰り下げなどを行うことがあるので、まずは受験票に記載されている「問合せ大学」へ連絡し、試験場に向かう。試験前に受験上の注意を確認し、落ち着いて対処できるよう備えておきたい。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top