気象庁に関するニュースまとめ一覧

【台風25号】10/6西日本へ接近、暴風域を伴い10/7北日本へ 画像
生活・健康

【台風25号】10/6西日本へ接近、暴風域を伴い10/7北日本へ

 大型で強い台風25号は、2018年10月6日午前に強い勢力のまま西日本に接近し、7日には暴風域を伴って北日本に進むと予想される。7日は北日本を中心に大荒れとなり、大しけや大雨となるおそれがある。

【台風24号】9/30に西日本、10/1に東日本や北日本に接近 画像
生活・健康

【台風24号】9/30に西日本、10/1に東日本や北日本に接近

 大型で非常に強い台風24号は、2018年9月29日に沖縄・奄美にかなり接近すると予想される。9月30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸し、10月1日にかけて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがある。

【台風21号】9/4に西日本上陸の恐れ、猛烈な風雨に警戒を 画像
生活・健康

【台風21号】9/4に西日本上陸の恐れ、猛烈な風雨に警戒を

 非常に強い台風21号は、2018年9月3日午前9時現在、沖縄県南大東島の東北東約220キロを北北西に進んでいる。今後、非常に強い勢力を保ったまま北上し、9月4日に西日本に上陸する恐れがある。

【台風20号】8/23夜、四国・中国・近畿地方に接近…上陸の恐れ 画像
生活・健康

【台風20号】8/23夜、四国・中国・近畿地方に接近…上陸の恐れ

 強い台風20号は2018年8月23日正午現在、足摺岬の南東約260キロを北北西に進んでいる。今後、四国の南海上を北上し、23日夜には強い勢力を保ったまま、四国・中国・近畿地方に接近し、上陸する見込み。広い範囲で大荒れの天気となる恐れがある。

【台風20号】8/23午後に西日本上陸の恐れ、19号とのダブル台風に警戒 画像
生活・健康

【台風20号】8/23午後に西日本上陸の恐れ、19号とのダブル台風に警戒

 非常に強い台風20号は2018年8月23日午後、西日本にかなり接近し、上陸する恐れがある。24日朝には日本海西部に達し、25日には北海道に近づくと予想されている。台風19号の影響もあり、四国や近畿、東海地方では大雨に警戒が必要だ。

【台風19・20号】ダブル台風、8/21以降に日本接近 画像
生活・健康

【台風19・20号】ダブル台風、8/21以降に日本接近

 強い台風19号は、2018年8月21日午後には非常に強い勢力で九州南部・奄美地方にかなり接近すると予想される。また、台風20号も週後半に西日本へ接近・上陸するおそれがある。

【台風13号】8日夜~9日に関東に接近、一部短縮など各塾の対応 画像
生活・健康

【台風13号】8日夜~9日に関東に接近、一部短縮など各塾の対応

 強い台風13号は、2018年8月8日夜遅くから9日昼ごろにかけて暴風域を伴って関東地方や東北太平洋側にかなり接近すると予想される。早稲田アカデミーでは夏期合宿の出発時刻を繰り上げるほか、他塾でも対応状況をWebサイトに掲載している。

8/7ごろから1週間は「かなりの高温」予測、熱中症に要注意 画像
生活・健康

8/7ごろから1週間は「かなりの高温」予測、熱中症に要注意

 気象庁は毎週月曜日と木曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象とした「異常天候早期警戒情報」を発表している。2018年8月2日時点の情報によると、関東甲信から九州北部にかけて、8月7日ごろからの約1週間は「かなりの高温」となる可能性が30%以上だという。

熱中症、予防強化月間を8/31まで延長…8月も注意を 画像
生活・健康

熱中症、予防強化月間を8/31まで延長…8月も注意を

 環境省などは、2018年の「熱中症予防強化月間」を8月31日まで延期する。例年は7月1日~31日に設定しているが、2018年は7月中旬以降、記録的な高温が続き、今後も熱中症のリスクが高いと見込まれている。8月31日まで、熱中症の予防・対処法の普及啓発に努めていく。

【台風12号】週末の東日本~西日本に上陸か…隅田川花火大会は順延 画像
生活・健康

【台風12号】週末の東日本~西日本に上陸か…隅田川花火大会は順延

 台風12号は、2018年7月27日昼過ぎから夕方に小笠原諸島に接近すると予想されている。その後も速度を上げながら北上し、週末に東日本から西日本に接近・上陸する恐れが高まっている。7月28日に予定されていた隅田川花火大会は、7月29日への順延が決まった。

【台風12号】7/29にかけて本州に接近…東日本で暴風・大雨の恐れ 画像
生活・健康

【台風12号】7/29にかけて本州に接近…東日本で暴風・大雨の恐れ

 台風12号は発達しながら日本の南を北上し、2018年7月29日にかけて本州に接近すると予想される。東日本を中心に暴風や高波、大雨の恐れがある。7月28日には隅田川花火大会が予定されている。

8月上旬にかけ猛暑まだ続く…埼玉県熊谷市で観測史上最高の41.1度 画像
生活・健康

8月上旬にかけ猛暑まだ続く…埼玉県熊谷市で観測史上最高の41.1度

 気象庁は2018年7月23日、7月中旬以降の記録的な高温と今後の見通しについて発表した。1961年の統計開始以来、関東甲信越や東海地方、近畿地方では7月中旬の平均気温としてはもっとも高くなった。気温の高い状態は8月上旬にかけて続くという。

運動部活動の熱中症対策、大会延期や見直しも…スポーツ庁 画像
教育業界ニュース

運動部活動の熱中症対策、大会延期や見直しも…スポーツ庁

 スポーツ庁は2018年7月20日、運動部活動における熱中症事故の防止について、教育関係機関や体育・スポーツ団体に文書を通知した。高温や多湿時には大会の延期や見直しなど柔軟な対応を検討するとともに、生徒の熱中症対策を徹底するよう求めている。

東北から九州にかけて高温注意、熱中症に警戒を 画像
生活・健康

東北から九州にかけて高温注意、熱中症に警戒を

 西日本や東日本で高温が続いている。3連休中には埼玉県内の高校で熱中症の集団発生もあった。2018年7月17日には、東北南部から九州地方にかけての広い範囲で高温注意情報が出され、気象庁が熱中症に注意するよう警戒を呼び掛けている。

西日本で記録的な大雨、大阪や京都で休校相次ぐ…各地の判断基準 画像
教育・受験

西日本で記録的な大雨、大阪や京都で休校相次ぐ…各地の判断基準

 大雨の影響で大阪府内では2018年7月6日、東大阪市や箕面市で公立の幼稚園や小中学校などをすべて休園・休校とした。また、八尾市は午前中を休校、京都市は一部の学校で臨時休校などの措置を取っている。

2018年、早くも関東甲信で梅雨明け…6月は統計史上初 画像
生活・健康

2018年、早くも関東甲信で梅雨明け…6月は統計史上初

 気象庁は、関東甲信地方で2018年は平年より22日早い6月29日ごろに梅雨明けしたと見られることを発表した。関東甲信地方では、1951年の統計開始以来、史上初の6月の梅雨明けとなった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 10
page top