【大学入学共通テスト2021】外国語でも1会場3人が試験時間繰下げ

 2021年度(令和3年度)大学入学共通テストの第1日程が2021年1月16日、悪天候で中止した1校を除く680か所の本試験場で行われている。大学入試センターによると、1月16日午後6時現在、新たに茨城キリスト教大学で受験生3人の試験時間の繰下げが発生した。

教育・受験 高校生
大学入学共通テストの北海道大学試験場のようす
  • 大学入学共通テストの北海道大学試験場のようす
  • 試験期日・時間割
 2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の第1日程が2021年1月16日、悪天候で中止した1校を除く680か所の本試験場で行われた。大学入試センターによると、1月16日午後6時現在、新たに茨城キリスト教大学で受験生3人の試験時間の繰下げが発生した。

 大学入試センターによると、JR常磐線の踏切内で乗用車が脱輪し、運転を一時見合わせた。その影響で受験生3人の試験場到着が遅れ、1月16日午後3時10分開始の「外国語」において試験時間を63分繰り下げた。

 1月16日午後6時現在、大学入学共通テスト1日目においては、暴風雪により北海道の稚内北星学園大学で試験を中止。東京家政学院大学と神戸大学工学部の試験場において各1人が、監督者の対応の誤りにより「地理歴史・公民」2科目受験の試験時間を繰り下げている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top