【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評…分析力が求められる

 令和3年度(2021年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、令和3年2月21日(日)に実施された。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「英語」の講評を速報する。

教育・受験 中学生
【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評
  • 【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評
  • 【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評
  • 【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評
 令和3年度(2021年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、令和3年2月21日(日)に実施された。東京都が令和3年2月15日に発表した最終応募状況によると、全日制は2万9,509人の募集人員に対して3万9,785人が志願し、最終応募倍率は1.35倍。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「英語」(共通問題)の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)と進学指導重点校についても同様に掲載する。

<英語・共通問題>講評
(SAPIX中学部 提供)


【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評

1.リスニング問題:小問数5


 例年通り、問題Aと問題Bの2つに分かれていました。問題Aは設問ごとに対話とそれに関する質問を聞き、適切なものを選択肢から答える形式です。問題Bはある中学校へ着任した外国人の英語教師による生徒に向けた自己紹介で、その内容に関する選択問題と英文記述問題が出されました。

2.図表の読み取り(約450語):小問数4


 1と2は、日本人の高校生と来日中の留学生との対話文で、3はその留学生が送ったEメールの読解でした。2020年と同様に対話文には図表が含まれていましたが、語数は2020年よりも80語程度減りました。形式は1と2は本文中の空所を補う単語を選ぶ問題、3はEメールの内容と一致する英文を記号で選ぶ問題と、Eメールへの返信内容の一部を、条件に従って書く英作文でした。

3.対話文の読解(約555語):小問数7


 高校生とアメリカ出身の留学生による、同じ内容でも言い表し方が違うことの難しさを、英語と日本語のそれぞれで例を挙げながら話す対話文でした。形式は例年通りで、問1~問5は本文中にある下線部の内容に関する選択問題でした。問6は本文の内容に合うように英文中の空所に補う語を選ぶ問題で、問7は日記の一部に入る適切な語の組み合わせを選ぶものでした。

4.物語文の読解(約695語):小問数7


 2020年より50語程度少ない英文で、高校2年生の主人公が、親友2人とともにボランティア活動に参加し、その活動を経て成長していく様子を描いた物語文でした。2021年もすべての設問が本文の内容に関するものでした。問2は4つの英文を本文の流れに合わせて並べかえるものでしたが、登場する人物の行動と発言に注意すれば容易に解答できたと思われます。

【高校受験2021】東京都立高校入試<英語>講評
--
 このレポートは、令和3年2月22日(月)に速報としてSAPIX中学部が作成したもの。

 SAPIX中学部は、新小学5・6年生、新中学1・2・3年生(現小4・5・6生、現中1・2生)を対象に「高校入試分析会 ~地域別 入試概況~」および「高校入試分析会 ~志望校別 データ分析~」をオンライン配信する。3月19日(金)から視聴可能。講演内容や視聴方法などの詳細は、SAPIX中学部のWebサイトで確認できる。

協力:SAPIX中学部
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top