北陸新幹線敦賀延伸が変更認可…開業予定は1年先送り2023年度

国土交通省鉄道局施設課は3月31日、北陸新幹線金沢~敦賀間の工事実施計画を変更認可したと発表した。

趣味・娯楽 その他
敦賀延伸延期の要因のひとつとなった北陸新幹線加賀トンネル。写真は北陸本線の直下に位置する中工区金沢方切羽での工事の様子。
  • 敦賀延伸延期の要因のひとつとなった北陸新幹線加賀トンネル。写真は北陸本線の直下に位置する中工区金沢方切羽での工事の様子。
  • 変更認可の内容と、敦賀延伸区間の概要。
国土交通省鉄道局施設課は3月31日、北陸新幹線金沢~敦賀間の工事実施計画を変更認可したと発表した。

同区間の建設に際しては、2020年に敦賀駅駅部や加賀温泉~芦原温泉(あわらおんせん)間の加賀トンネル(5.463km)で工事の不調不落が発覚し、開業時期の先送りや、事業費の金額が徐々に増す「増嵩(ぞうすう)」が余儀なくされていた。

このため、2020年12月には工事主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)に対して業務改善命令が出され、工事の本拠を大阪支社から現地に近い北陸沿線へ移し、沿線自治体との連携を密に行なうなどの改善策が示された。

今回の認可により、開業予定時期を当初の2022年度末から2023年度末に変更。事業費は約1兆4121億円から2658億円増の約1兆6779億円となることが正式に決定された。

北陸新幹線敦賀延伸が変更認可…開業予定は1年先送りの2023年度、事業費は2658億円増に

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top