筑波大「科学の芽」賞…8/16より小中高生の作品募集

 筑波大学は2021年8月16日より、小・中・高校生を対象とした第16回「科学の芽」賞の公募を開始する。この1年で新しく発見した自然現象の不思議についてまとめた作品を募集する。申込締切は9月18日(消印有効)。12月18日には筑波大学大学会館にて表彰式・発表会を実施予定。

教育イベント 高校生
 筑波大学は2021年8月16日より、小・中・高校生を対象とした第16回「科学の芽」賞の公募を開始する。この1年で新しく発見した自然現象の不思議についてまとめた作品を募集する。申込締切は9月18日(消印有効)。12月18日には筑波大学大学会館にて表彰式・発表会を実施予定。

 「科学の芽」賞は、東京教育大学(現・筑波大学)学長を務め、ノーベル物理学賞を受賞した、故・朝永振一郎氏が残した言葉のように、自然現象の不思議を発見し、観察・実験して考えたことをまとめた作品を募集する。素直な疑問や発見があるもので、この1年間で新しく発見したことを中心に、レポート用紙A4判片面10枚以内にまとめること。

 応募資格は、全国(海外を含む)の小学3学年から中学校、義務教育学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体。「小学生部門」「中学生部門」「高校生部門」に分けて公募する。

 審査・選考は、筑波大学教員、筑波大学附属学校教員および後援団体関係者らが行う。「科学の芽」賞の受賞者には学長より賞状と記念品を贈呈。その他、奨励賞・努力賞等も用意しており、応募者全員に記念品を贈呈する。

 応募は、筑波大学附属学校教育局Webサイト内の「科学の芽」賞の申込フォームより必要事項を入力し出力されたPDFと共に作品を郵送すること。応募システムは8月16日に公開予定。応募締切は9月18日(消印有効)。審査結果は11月下旬に筑波大学Webサイトに掲載し、12月18日に筑波大学大学会館にて表彰式・発表会を行う。なお、新型コロナウイルス感染症の流行状況によってはオンラインでの実施に変更となる場合もある。

◆第16回「科学の芽」賞
応募期間:2021年8月16日(月)~9月18日(土)
対象:全国(海外を含む)の小学校3学年~中学校、義務教育学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体
申込方法:筑波大学附属学校教育局Webサイト内の「科学の芽」賞の申込フォームより必要事項を入力し出力されたPDFを、作品の1番上に貼り郵送する
※応募システムは2021年8月16日(月)に公開予定
【表彰式・発表会】
日程:2021年12月18日(土)
会場:筑波大学大学会館(茨城県つくば市)
※新型コロナウイルス感染症の流行状況によってはオンラインで実施する
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top