としまえん「模型列車」レール限定販売…1個2千円

西武鉄道は、2020年8月に閉園した「としまえん」(東京都練馬区)のアトラクション「模型列車」が実際に走っていたレールをカットし、2021年6月5日に開催される「西武・電車フェスタ2021 in 武蔵丘車両検修場」で販売する。

趣味・娯楽 その他
レオとライヤの夕日列車
  • レオとライヤの夕日列車
  • 西武園ゆうえんち:レッツゴー!レオランド
  • としまえん「模型列車」の記念レール
  • 2019年の西武・電車フェスタ
西武鉄道は、2020年8月に閉園した「としまえん」(東京都練馬区)のアトラクション「模型列車」が実際に走っていたレールをカットし、2021年6月5日に開催される「西武・電車フェスタ2021 in 武蔵丘車両検修場」で販売する。

「模型列車」は、「としまえん」のアトラクションの中でもファミリーに人気が高く、アメリカの開拓時代に走行していた機関車を模した乗り物だった。全長526mのコースを走る車両には、赤色の車体に青のペイントが特徴の「フラワープリンセス号」と、黒とシルバーのシックなデザインが人気の「ウエスタンシルバー号」の2種類があり、約54年間活躍した。

記念レールの価格は2000円(消費税税込)で、販売数は100個。15kgレール(長さ1mの重さが15kgという規格)を高さ約80mm、最大幅約80mm、厚さ約9mmに“輪切り”にした。1個の重さは約135gで、台紙が付く。

記念レールの発売場所は「西武・電車フェスタ2021 in 武蔵丘車両検修場」会場(埼玉県日高市)だが、入場は完全事前申込制となっており、電子入場券を西武線アプリを通して5月25日10時から配布する。

なお、「ウエスタンシルバー号」は、2021年5月19日にリニューアルオープンした西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)の「レッツゴー!レオランド」に場所を移し、「レオとライヤの夕日列車」として走っている。
としまえん「模型列車」の記念レール

としまえん「模型列車」のレールを限定販売へ…閉園した遊園地で使われた実物

《高木啓@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top