スタジオジブリ「アーヤと魔女」新たな公開日は8/27

公開延期となっていたスタジオジブリ初のフル3DCG長編アニメーション『アーヤと魔女』の公開日が新たに決定。8月27日に全国ロードショーとなる。

趣味・娯楽 小学生
公開延期となっていたスタジオジブリ初のフル3DCG長編アニメーション『アーヤと魔女』の公開日が新たに決定。2021年8月27日に全国ロードショーとなる。

本作の原作は、宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』(2004年)の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる児童書。企画を宮崎駿、監督を宮崎吾朗が務めた。

『アーヤと魔女』は2020年のカンヌ国際映画祭で、オフィシャルセレクションに選出されており、すでに公開を迎えた北米・オーストラリアをはじめ、ヨーロッパ、アジアでも劇場公開が決定。海外でも大きな注目と期待を集めるなか、日本では2020年12月30日にNHK総合テレビにて放送された。
この度、当初の公開日である4月29日から4か月の延期を経て、主人公・アーヤがスクリーンに登場する。

また、三鷹の森ジブリ美術館では新企画展示『アーヤと魔女』展を開催中。
宮崎吾朗監督自身が企画・監修を務め、3DCGアニメーション制作のあらましを紹介するほか、展示室では実際に主人公アーヤの表情を作る体験や、キャラクター作りに大きな影響を与えたストップモーションアニメーション『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016年/ライカ作品)の人形が鑑賞できる。なお、入場は予約制だ。

劇場版『アーヤと魔女』は2021年8月27日より全国にて公開。

作品概要
寺島しのぶ 豊川悦司 濱田 岳 平澤宏々路 シェリナ・ムナフ
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 田中薫子 訳 佐竹美保 絵/徳間書店刊
企画:宮崎 駿
監督:宮崎吾朗
音楽:武部聡志
主題歌:シェリナ・ムナフ(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
スタジオジブリ作品
配給:東宝


(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメ「アーヤと魔女」新たな公開日は8月27日に決定

《スーサイド・モモ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

page top