【夏休み2021】最新メディア・アート触れる「ICC キッズ・プログラム」

 NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)は、最新のメディア・アートに触れる「ICC キッズ・プログラム 2021 チューンナップ じぶんをととのえる」を開催する。オンライン展示は2021年7月24日より8月22日まで、リアル展示は8月7日より8月22日まで。入場無料。

教育イベント 小学生
荒牧悠《ポヨンペロン》2018年 Photo: Masaki Ogawa(参考図版)
  • 荒牧悠《ポヨンペロン》2018年 Photo: Masaki Ogawa(参考図版)
  • 小鷹研究室(名古屋市立大学)佐藤優太郎、石原由貴、小鷹研理、名古屋市立大学大学院芸術工学研究科小鷹研究室《蟹の錯覚》2018年–
  • 小光(こみつ)《Wander in Wonder》2018年
  • 正直+臼井達也(しょうじき+うすいたつや)正直 2019年のパフォーマンス 撮影:鹿+関真奈美
  • 渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)「わたしたちのウェルビーイングカード」2021年(参考図版)
  • 大海悠太研究室《カオティックヴィデオフィードバック》2019年
 NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)は、最新のメディア・アートに触れる「ICC キッズ・プログラム 2021 チューンナップ じぶんをととのえる」を開催する。オンライン展示は2021年7月24日より8月22日まで、リアル展示は8月7日より8月22日まで。入場無料。

 「ICC キッズ・プログラム」は、コンピュータをはじめとするさまざまな先端メディア・テクノロジーを使用したアート作品に触れることで子供たちの好奇心と想像力を育むことを目的に、2006年より毎年夏休みにICCが開催しているイベント。

 2021年度のキッズ・プログラムは、「チューンナップ じぶんをととのえる」と題し、新型コロナウイルス感染症による影響で以前と異なるニューノーマルな環境で生活を続ける中、さまざまな方法により自分をととのえることをテーマとする。

 単に新しい生活に自分をあわせるのではなく、それぞれの個人が、自分のコンディションにあわせて、自分をどのようにととのえるのか、その良いやり方を考えながら、「チューンナップ」を体験する。

 遠隔地からでも参加できるオンラインでのワークショップや映像視聴では、データをダウンロードしたり、出力したりすることで、どこでもワークショップを行うことが可能。

 実際の会場での展示、オンラインでのワークショップやエクササイズ等の他、アーティストのオンライン・レクチャーやパフォーマンス等も実施を予定する。入場は無料で、事前予約制。当日入場は事前予約者優先となる。

◆ICC キッズ・プログラム 2021 チューンナップ じぶんをととのえる
【オンライン展示】
開催期間:2021年7月24日(土)~8月22日(日)
体験料:無料

【リアル展示】
開催期間:2021年8月7日(土)~8月22日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター ギャラリーA
開館時間:11:00~18:00
入場料:無料(事前予約制・当日入場は事前予約者優先)
休館日:2021年8月10日(火)、8月16日(月)
※休館日以外においても、開館時間の変更および臨時休館の可能性あり
《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top