サンシャイン水族館の特別展「スケ・ボーン展」関連イベントも

 サンシャイン水族館は2021年7月16日~2022年1月30日の期間、骨・骨格の構造に注目した特別展「スケ・ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~」を開催する。会期中は水族館本館やサンシャインシティ、池袋で関連イベントも開催される。

趣味・娯楽 小学生
 サンシャイン水族館は2021年7月16日~2022年1月30日の期間、骨・骨格の構造に注目した特別展「スケ・ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~」を開催する。会期中は水族館本館やサンシャインシティ、池袋で関連イベントも開催される。

 「スケ・ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~」は、生き物たちの秘められた体の内部や透明な生き物をテーマにした特別展。会場内では、軟骨魚類と硬骨魚類に焦点をあて、それぞれの特長を紹介するZONE1「軟骨と硬骨」、生き物の骨についてクイズ形式で紹介するZONE2「なるほどTHEボーン」、魚ごとに異なる形状を持つ隠れた骨を紹介するZONE3「かくれんボーン」、体が透明な生き物の生体展示を行うZONE4「スケルテン」と、内容ごとにゾーンを分けて展示。

 さらに、動物の骨格構造の仕組みや進化の過程を人間に置き換えて説明した話題の書籍「カメの甲羅はあばら骨」とコラボした展示、ZONE5「カメの甲羅はあばら骨ワールド」と、5つのゾーンを展開する。

 ZONE1「軟骨と硬骨」では、普段見られない生き物たちの体の中に秘められた美しく機能的な骨の展示に加え、新世界「透明標本」で知られる透明標本作家・冨田伊織氏の作品も展示。本物の生物標本でありながら「命」をより身近に感じる「造形作品」として世界から注目を集める透明標本を間近で見ながら、透明標本が作り出す美しくも不思議な世界を体感することができる。

 会期中は、サンシャイン水族館本館においてコラボ展示「スケ・ボーン展」を開催する他、サンシャインシティにて「へんな博士の!?『自由すぎる研究室』展」、謎解き「NAZONAZO劇団×スケ・ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~『ホネまで大ソウサク!スケスケ探し隊!』」を実施。池袋各所では「動物人間とめぐる池袋周遊スタンプラリー」が行われる。

 特別展「スケ・ボーン展」の入場料は800円。サンシャイン水族館本館や対象施設を利用した場合は半額の400円で入場できる。各イベントの詳細はサンシャイン水族館のWebサイトで確認できる。

◆サンシャイン水族館 特別展「スケ・ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~」
会期:2021年7月16日(金)~2022年1月30日(日)
※11月8日(月)~10日(水)は展示入替えのため休館
入場料:800円
※年間パスポートまたは、水族館本館・対象施設の半券を提示すると400円で入場可
(対象施設:コニカミノルタプラネタリウム"満天" in Sunshine City/SKY CIRCUS サンシャイン60展望台/NAMJATOWN/古代オリエント博物館 他)
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top