子供時代の「体験」が成長に及ぼす効果とは…文科省調査

 小学生のころに体験活動や読書、お手伝いを多くしていた子供は、家庭の環境に関わらず、高校生になって自尊感情や外向性、精神的な回復力といった項目の得点が高くなる傾向にあることが、文部科学省が2021年9月8日に発表した調査結果より明らかになった。

教育・受験 小学生
2020年度 青少年の体験活動に関する調査研究 報告(概要)
  • 2020年度 青少年の体験活動に関する調査研究 報告(概要)
  • 2020年度 青少年の体験活動に関する調査研究 報告(概要)
  • 2020年度 青少年の体験活動に関する調査研究 報告(概要)
  • 2020年度 青少年の体験活動に関する調査研究 報告(概要)
 小学生のころに体験活動や読書、お手伝いを多くしていた子供は、家庭の環境に関わらず、高校生になって自尊感情や外向性、精神的な回復力といった項目の得点が高くなる傾向にあることが、文部科学省が2021年9月8日に発表した調査結果より明らかになった。

 文部科学省は2001年に出生した子供とその保護者を18年間追跡した調査データを用いて、時系列的な観点から、体験活動がその後の成長に及ぼす影響を分析し、その関連性を明らかにした。調査データのサンプル数は、各年約2万4千~4万7千、調査頻度は0歳~18歳まで年1回。なお、子供の成長には家庭環境が影響すると考えられることから、子供の置かれている環境(家族構成、収入、親のしつけ、住環境等)の影響についても考慮し、分析を行った。

 小学生のころに自然体験や社会体験、文化的体験等の体験活動、読書、お手伝いを多くしていた子供は、その後、高校生になり自尊感情や外向性、精神的な回復力といった項目の得点が高くなる傾向が見られた。また、小学生のころに年上や年下の異年齢の人とよく遊んだり、自然の場所や空き地・路地等でよく遊んだりした経験のある高校生も同様の傾向が見られた。

 世帯収入の水準別に分けて体験と意識との関係を分析したところ、収入の水準が相対的に低い家庭でも、たとえば自然体験の機会に恵まれていると、家庭の経済状況等に左右されることなく、その後の成長に良い影響が見られることがわかった。

 研究結果より、すべての子供たちが境遇に左右されることなく、体験の機会を十分に得られるように、家庭では「お手伝いや読書の習慣を身に付けるようにする」、地域では「放課後等に地域の大人と遊びを通じて交流する機会を設ける」、学校では「社会に開かれた教育課程の実現を目指して地域と連携しつつ体験活動の充実を図る」ことが大切なことがわかった。地域・学校・家庭が協働し、「多様な体験を土台とした子供の成長を支える環境づくり」を進めていくことが、よりよい社会創りにつながるという。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top