明るい未来を作るために…ハンセン病問題を考える「親と子のシンポジウム」開催

 2021年11月13日、「ハンセン病問題に関する『親と子のシンポジウム』」が開催された。ハンセン病患者と元患者、そしてその家族に対する偏見・差別の解消のため行われている取組みについて紹介された。

生活・健康 その他
トークショーゲストの俳優の石井正則氏(右)とコーディネーターの藪本雅子氏(左)
  • トークショーゲストの俳優の石井正則氏(右)とコーディネーターの藪本雅子氏(左)
  • 「群馬・ハンセン病問題の真の解決をめざし、ともに生きる会」副会長の吉幸かおる氏
  • 重監房資料館部長の黒尾和久氏
  • 群馬県中之条町立六合中学校3年の清水蒼空さん
  • 群馬大学社会情報学部4年狩野大樹さん
 2021年11月13日、「ハンセン病問題に関する『親と子のシンポジウム』」が開催された。このシンポジウムは今なお社会に残るハンセン病患者と元患者、そしてその家族に対する偏見・差別の解消のために開催。そうした人々の置かれている現状や、偏見・差別の解消のため行われている取組みについて紹介された。

正しい知識を身に付け
偏見や差別のない社会へ



 ハンセン病は「らい菌」という細菌に感染することで起こる病気。手足の指先の神経が麻痺したり、皮膚が変形したりすることがあったが、らい菌の感染力は弱く、発病することは極めてまれなうえ、万が一発病しても、現在は早期発見と適切な治療により、後遺症が残ることなく完治するという。

 今回のシンポジウムは、「ハンセン病問題を知る~元患者と家族の思い~」のビデオ上映ののち基調講演が行われた。

基調講演「過ちを繰り返さない決意を」



 まずは、「群馬・ハンセン病問題の真の解決をめざし、ともに生きる会」副会長の吉幸かおる氏が登壇。1999年11月に国立ハンセン病療養所の栗生楽泉園を訪れた際、後に「ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会会長」となる谺(こだま)雄二氏がハンセン病の歴史について教えてくれたときのことを話した。「私は自分が住む国で起きた人権問題について知らずに64年間生きてきたことを恥ずかしく思い、谺さんたちが取り組んでいた裁判の手伝いや、ハンセン病についての学びを始めました」と、吉幸氏の活動の原点を振り返った。

 そして、「2001年5月11日、谺さんたちは裁判に勝訴しました。それは大変喜ばしいことですが、まだ完全解決への長い道のりの一歩にすぎませんでした。また、栗生楽泉園の原告の方々はほとんど亡くなってしまいましたが、過ちを繰り返さないためには、この問題を未来へと伝えていく必要があります。谺さんたちの想いを受け継ぎ、平和と人権が尊重される世界の実現を共に目指しましょう」と、締めくくった。

「群馬・ハンセン病問題の真の解決をめざし、ともに生きる会」副会長の吉幸かおる氏

基調講演「歴史から学び、語り継ぐ」



 続いて重監房資料館部長の黒尾和久氏が登壇。重監房資料館は、ハンセン病問題を伝えるために、かつて「重監房」があった場所の近くに設置され、いまだに不明な点が多い重監房の運用の実態や、収監患者のライフヒストリーなどを示す、重監房とハンセン病問題に関する資料を収集・保存し、調査研究の成果を公表することで、命の大切さを伝え、偏見・差別の解消を目指している。

 「『重監房』とは、国立療養所の栗生楽泉園にあった、ハンセン病患者を収監した懲罰施設の通称です。園にとって都合の悪い思想をもつ人や扱いにくい人は、裁判を受ける権利もなく、ここに送られてしまいました。冬になると-20度近くになる場所で、十分な治療を受けられず、1938年から1947年の間に収監された延べ93人のうち23人が亡くなったと言われています」(黒尾氏)。

 また、「ハンセン病問題と重なる現代の問題として、新型コロナウイルス感染症に感染した人やその家族が、誤った知識や偏見によって差別やプライバシー侵害を受けていることがあげられます。偏見・差別を受けている人は、常に周囲の視線におびえながら生活しているのです。そんな人の存在に気付き、思いやりの気持ちをもってください。人権問題は、私たちの身近なところで今も起きているのです」と言い、当資料館に来訪し、当時の環境を想像して欲しいとした。

重監房資料館部長の黒尾和久氏

パネルディスカッション・「人権尊重は相手を知ることから」



 続くパネルディスカッションには、コーディネーターにフリーアナウンサーの藪本雅子氏を迎え、基調講演に登壇した吉幸氏と黒尾氏、群馬県中之条町立六合中学校3年の清水蒼空さん、群馬大学社会情報学部4年狩野大樹さんが登壇し意見が交わされた。

 志水さんの通う六合中学校では、栗生楽泉園との交流を代々続けており、2009年度からは年末の年忘れ会に参加しているという。志水さんはそうした交流を通じ「私は、入所者の方と直接お会いしたときに、ハンセン病問題が一気に身近なものになったように感じました。この経験から、積極的に相手のことを理解しようとすれば、偏見・差別は減らせるのではないかと思っています」と語った。

群馬県中之条町立六合中学校3年の清水蒼空さん

 狩野さんは、大学の授業で東京の多磨全生園(たまぜんしょうえん)を訪れたことをきっかけにハンセン病問題に興味をもち、現在はハンセン病家族国家賠償請求訴訟や未感染児童などをテーマに卒業論文を書いているところだという。そうした学びを踏まえ「私たちの社会では、ハンセン病患者・元患者の方だけでなく、いまだに多くの人がさまざまな偏見・差別によって苦しんでいます。想像力を働かせ、学び、発信し続ければ、お互いの間にある壁を乗り越えて共に生きていくことができると思います」と述べた。

群馬大学社会情報学部4年狩野大樹さん

トークショー「悲劇の現場が教えてくれたこと」



 シンポジウムの締めくくりとして開催されたトークショーのゲストは俳優の石井正則氏。石井氏は13か所の国立ハンセン病療養所をめぐり、撮影した光景と入所者による詩を写真集として出版している。

 きっかけは、香川県にある国立療養所の大島青松(おおしませいしょう)園で撮影されたドキュメンタリーを見たこと。「療養所の中で人々が感じたことを後世に伝えなければ」という強い使命感にかられ、撮影にあたったという。

トークショーゲストの俳優の石井正則氏(右)とコーディネーターの藪本雅子氏(左)

 コーディネーターの藪本雅子氏は石井氏の写真集について触れ、「かつてそこで生きた人たちが直面した厳しい現実がひしひしと伝わる写真だけでなく、療養所の中で咲く花々など、前向きな気持ちを感じさせる作品にも心を動かされた」と感想を述べた。一方で、ハンセン病元患者の家族は、名乗り出て補填金を受け取ることすら難しいほど、ハンセン病問題を含む偏見・差別は今でも社会に根強く残っていると指摘。その現状をどう思うか、石井氏にたずねた。

 新型コロナウイルス感染症に感染したと公表した際、誹謗中傷をほとんど受けなかった経験から社会や人間は差別をしないように成長していると感じたという石井氏。「ハンセン病について学んだことで、自分自身が偏見・差別の加害者になってしまう可能性にも気付いた」と言い、「若い世代の皆さんにも、療養所に足を運び、改めて人権について考えてみてほしい」と語り、締めくくった。

「人権」について考える



 今回紹介した「ハンセン病問題に関する『親と子のシンポジウム』」を主催した法務省では、このほかにも、さまざまな人権啓発活動を行っている。

 YouTubeの「法務省チャンネル」もそのひとつ。「人権問題」について多くの人に考えてもらうよう、「いじめ」「児童虐待」「インターネットによる人権侵害」など、多岐にわたる問題をテーマとして取り上げて動画を作成して配信し、問題提起をしている。

 親子で「人権」を考えるきっかけとして、この「法務省チャンネル」を閲覧してみてはいかがだろうか。

法務省チャンネル
《編集部》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top