シーパラ&仙台うみの杜「アナゴの恵方巻水槽」1/11-2/6

 横浜八景島で運営する「仙台うみの杜水族館」と「横浜・八景島シーパラダイス」は、2022年1月11日~2月6日の期間、節分にちなんだ「アナゴの恵方巻水槽」展示を同時開催する。

趣味・娯楽 小学生
仙台うみの杜水族館(2020年度の展示写真)
  • 仙台うみの杜水族館(2020年度の展示写真)
  • 横浜・八景島シーパラダイス
  • 「アナゴの恵方巻」ぬいぐるみ
  • フードメニュー「恵方巻みたいなジャンボカレードッグ」
 横浜八景島で運営する「仙台うみの杜水族館」と「横浜・八景島シーパラダイス」は、2022年1月11日から2月6日の期間、節分にちなんだ「アナゴの恵方巻水槽」展示を同時開催する。

 恵方巻は、節分にその年の恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされ、アナゴは恵方巻の代表的な具の1つとして知られている。

 「アナゴの恵方巻水槽」は、水槽内に設置した恵方巻を模した筒。潜り込んだアナゴの顔や尾ひれが、筒から出ていて、本物の具のように見える。狭い場所を好み穴等に潜り込むアナゴの習性を利用している。

 2020年に初めて「仙台うみの杜水族館」で設置したところ、公式Twitterの投稿が1万5千リツイート、2万8千いいね、と大きな反響があった。その反響を受け、2021年には恵方巻型の筒の作り方を「横浜・八景島シーパラダイス」に伝授し、それぞれの水族館で展示を行った。

 2022年も「仙台うみの杜水族館」と「横浜・八景島シーパラダイス」は、それぞれが工夫を施し、「アナゴの恵方巻水槽」を展示する。アナゴの恵方巻をイメージしたぬいぐるみも販売する。アナゴは恵方巻から取り外し可能。なくなり次第終了となる。

 「仙台うみの杜水族館」では、「アナゴの恵方巻水槽」をイメージしたフードメニュー「恵方巻みたいなジャンボカレードッグ」を平日のみ数量限定で販売する。アナゴはソーセージ、恵方巻なのにパンという一品。水族館の料金等詳細はWebサイトで確認。

◆アナゴの恵方巻水槽
期間:2022年1月11日(火)~2月6日(日)
場所:
<仙台うみの杜水族館>1階日本のうみ「内湾恵みのうみ」マアナゴ展示水槽
<横浜・八景島シーパラダイス>アクアミュージアム3階LABO6

◆「アナゴの恵方巻」ぬいぐるみ販売
料金:3,300円 ※なくなり次第終了
場所:
<仙台うみの杜水族館>1階umimori shop
<横浜・八景島シーパラダイス>フレンディア、ジンベエショップ

◆限定フードメニュー「恵方巻みたいなジャンボカレードッグ」販売
期間:2022年1月11日(火)~2月4日(金)
※平日のみ、数量限定
料金:880円
場所:仙台うみの杜水族館1階フードコート
《大田芳恵》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top