札幌の東武系ホテル、運転シミュレータルーム開設

東武鉄道(東武)と東武緑地は1月24日、「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」(札幌市中央区)に東武の運転シミュレータルームを1月28日に開設すると発表した。

趣味・娯楽 小学生
「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」の運転シミュレータルーム。部屋は『SL大樹』のC11 207が北海道ゆかりの機関車であることから大樹テイストにまとめられている。奥のシミュレータは50070形の運転台が再現されており、2015年の東武東上線池袋~小川町間への自動列車制御装置(Automatic Train Control=ATC)導入に際し、2013年から森林公園乗務管区で使われていたもの。
  • 「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」の運転シミュレータルーム。部屋は『SL大樹』のC11 207が北海道ゆかりの機関車であることから大樹テイストにまとめられている。奥のシミュレータは50070形の運転台が再現されており、2015年の東武東上線池袋~小川町間への自動列車制御装置(Automatic Train Control=ATC)導入に際し、2013年から森林公園乗務管区で使われていたもの。
  • 浅草東武ホテルの東武鉄道運転シミュレーター。東武東上線池袋~小川町間の普通または急行を運転できる。出発駅や番線、閉塞区間ごとのATC制限速度、先行列車の設定も可能。
  • すすきのなどに近い創成川沿いに建つ「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」。

東武鉄道(東武)と東武緑地は1月24日、「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」(札幌市中央区)に1月28日から運転シミュレータルームを開設すると発表した。

「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」は東武のグループ会社である東武緑地が運営するホテルで、浅草東武ホテル(東京都台東区)と同様に、札幌の東武系ホテルにも東武東上線の運転士が実際に使用していた訓練用シミュレータが設置されることになった。

1月28日~2月28日はデイユースプラン(8000円)として3時間限定で利用可能。3月1日からは宿泊プランも開始され、こちらは2月1日から予約が開始される。

札幌に東武東上線?…すすきのに近いホテルに運転シミュレータルーム

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top