【大学受験】名古屋大「名大祭」6/9-12…研究室公開も

 名古屋大学は2022年6月9日~12日、第63回「名大祭」を開催する。ステージ発表や体験型の企画の他、研究室公開等を予定している。来場は事前予約制で、予約は6月4日まで。

教育・受験 高校生
名古屋大学「名大祭」
  • 名古屋大学「名大祭」
  • 企画一覧(一部)
  • 研究公開(一部)
 名古屋大学は2022年6月9日~12日、第63回「名大祭」を開催する。ステージ発表や体験型の企画の他、研究室公開等を予定している。来場は事前予約制で、予約は6月4日まで。

 1960年に「学生自治の祭典」として開催された名大祭は今年で63回を迎える。今年のテーマは「華勝負!~ここに始める大一番~」。6月に花を咲かせる花菖蒲にかけて、その華々しさが何者にも負けない千紫万紅な大学祭となるように願いが込められている。

 「名大祭」4日間の企画一覧は専用サイトにて公開中。特設ステージでは、男子チアリーディングチームによるアクロバット演技やアカペラライブ、よさこい踊り等多くの団体が披露する。参加型では、「化石レプリカ作り体験会」を実施。名古屋大学博物館で、アンモナイト化石を型取りして、樹脂でオリジナルレプリカを作る。

 また、「カードゲーム有機大富豪」では、"サイエンス×戦略”有機大富豪として、手札の反応カードを進めていくゲームを行う。受験生はもちろん、化学になじみのない人から理系大学生にまでおすすめのカードゲームだという。名古屋大学鉄道研究会の「名大でんしゃ博2022~」は、大人気の鉄道模型ジオラマをはじめ、会員が撮影した鉄道写真の展示やクイズ企画を用意。また、今年は「祝!市営交通100周年!」と題して名古屋市営交通局に関する展示も行う。

 その他、「研究公開」では、教授が研究している場所で、研究内容を見ることができる「研究室公開」や「研究室レクチャー」を行う。複数の研究室の展示発表を同時に見ることができる「合同展示会」や、実際に大学で行われているような講義形式で社会問題から、最先端の研究まで、さまざまなことを解説する「研究セミナー」も企画されている。

 各企画の開催日時と内容はWebサイトで確認できる。名大祭の入場は事前予約が必要。予約は6月4日午後11時59分まで。複数日程で来場希望の場合は、それぞれの日程で同一のメールアドレスを用いて予約を行う。また、Webによる予約が難しい人向けに、当日入場枠も設けているが受入れの人数に限りがある。なお、企画によっては別途予約が必要な場合がある。

◆第63回名大祭
日時:2022年6月9日(木)12:00~18:00/6月10日(金)10:00~19:00/6月11日(土)・6月12日(日)10:00~19:30
場所:名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市千種区不老町)
申込方法:Webサイトから行う
申込締切:2022年6月4日(土)23:59

名古屋大学(理系) (2022年版大学入試シリーズ)
¥2,310
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
2022入試攻略問題集 名古屋大学 数学 (河合塾シリーズ)
¥2,420
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《田中志実》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top