PCとUSBカメラで表情を操作できるアバターシステム、慶應理工学部が開発 1枚目の写真・画像

 慶應義塾大学(理工学部システムデザイン工学科)満倉靖恵准教授らの研究グループは23日、一般的なPCとUSBカメラ1台だけを用いて、人間の顔の向きや表情の変化を高速・高精度に計測する手法の開発に成功したことを発表した。

教育ICT その他
カメラから取得した画像と顔の検出結果
カメラから取得した画像と顔の検出結果

特集

page top