京都大学 山中伸弥 iPS細胞研究所長・教授がノーベル生理学・医学賞を受賞 2枚目の写真・画像

 ノーベル賞の発表が10月8日に始まり、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大学 iPS細胞研究所長の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した。ケンブリッジ大学のジョン・ガードン博士との共同受賞となった。

教育・受験 その他

編集部おすすめの記事

特集

page top