水素・燃料電池展2017、山梨大学と企業で2020年目指し画期的な燃料電池を開発 1枚目の写真・画像

FCV(燃料電池自動車)の発売をピークに話題が少なくなった感の強い燃料電池だが、山梨ではその開発にかける思いが非常に熱い。東京ビッグサイトで開幕した「水素・燃料電池展2017」(FC EXPO 2017)でも、山梨パビリオンを構え、県内の企業7社と山梨大学が出展した。

教育・受験 未就学児
山梨パビリオンのブース
《撮影 山田清志》 山梨パビリオンのブース

編集部おすすめの記事

特集

page top