学校給食を電気小型トラックで配送…埼玉県久喜市

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、埼玉県久喜市が8月に新たに開設した給食センターからの学校給食配送車として、同センターの業務全般を請け負う東洋食品に、電気小型トラック『eキャンター』1台を納車した。

教育・受験 その他
納車したeキャンター
  • 納車したeキャンター
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、埼玉県久喜市が8月に新たに開設した給食センターからの学校給食配送車として、同センターの業務全般を請け負う東洋食品に、電気小型トラック『eキャンター』1台を納車した。

久喜市は持続可能で活力あるまちづくりを目指し、環境問題に積極的に取り組んでいる。2021年4月には、2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」宣言を行い、その取り組みの一つとして「次世代自動車の普及促進」を掲げた。

この取り組みの一環として、久喜市は学校給食センターの新設に合わせ、給食配送車両の1台に電気自動車を導入することとし、MFTBCのeキャンターが採用された。今後、児童・生徒の大切な食事を、環境に配慮した配送で久喜市内の小中学校に届ける。

2017年に量産化したeキャンターは、日本国内の約70台を含む、250台以上を世界各国に納車し、総走行距離は300万kmを超える。MFTBCは今後、燃料電池車(FCV)も含め、トラックとバスの全製品に電動モデルの導入を進める計画だ。

学校給食を電気小型トラックで配送、三菱ふそう『eキャンター』を埼玉県久喜市が導入

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top