自転車事故「遭いそうになった」約6割が経験、20代の危険意識低い 4枚目の写真・画像

 日常的に自転車に乗る20歳~69歳の男女のうち、約6割が自転車事故に「遭いそうになった」経験があることがKDDIの調査により明らかになった。実際に自転車事故に「遭った」人は約3割。また、20代と60代では危険行為に関する意識にも差が見られた。

生活・健康 その他
自転車事故の対象物(年代別・性別)
自転車事故の対象物(年代別・性別)

編集部おすすめの記事

特集

page top