青森県に関するニュースまとめ一覧

小学生考案「コンパス用補助具」が実用新案に登録 画像
教育・受験

小学生考案「コンパス用補助具」が実用新案に登録

 八戸市少年少女発明クラブに所属する、青森県八戸市立吹上小学校4年生の吉野秀君が考案した「コンパス用補助具」が2018年3月7日、特許庁の実用新案に登録された。もっと書きやすいコンパスを作りたいと思ったのが発明のきっかけだという。

【高校受験2018】青森県公立高入試、再募集は全日制29校・募集人員608人 画像
教育・受験

【高校受験2018】青森県公立高入試、再募集は全日制29校・募集人員608人

 青森県教育委員会は平成30年3月14日、平成30年度(2018年度)青森県立高等学校入学者選抜の再募集実施校および募集人員を発表した。県内全域では全日制29校で608人を募集。入学願書受付期間は3月15日から16日まで。

【高校受験2018】青森県立高入試、3/8午後3時50分よりTV解答速報 画像
教育・受験

【高校受験2018】青森県立高入試、3/8午後3時50分よりTV解答速報

 平成30年度(2018年度)青森県立高等学校入学者選抜が平成30年3月8日に実施されている。RAB青森放送は入試当日の午後3時50分から4時50分まで解答速報を放送する。また、青森県のWebサイトでは学力検査問題と解答を午後5時以降に掲載予定。

【高校受験2018】青森県公立高入試の出願状況・倍率(確定)青森1.06倍、八戸1.22倍など 画像
教育・受験

【高校受験2018】青森県公立高入試の出願状況・倍率(確定)青森1.06倍、八戸1.22倍など

 青森県は平成30年2月23日、平成30年度(2018年度)青森県立高等学校入学者選抜の出願状況を発表した。2月16日に入学願書の受付を開始し、22日正午に締め切った。

札幌南と仙台第二が断トツ…医学部合格者数ランキング<東北・北海道編> 画像
教育・受験

札幌南と仙台第二が断トツ…医学部合格者数ランキング<東北・北海道編>

 年々人気が高まる医学部受験。国公立大医学部に合格した実績数(平成28年)から、東北と北海道の各高校の傾向を探る。

私大等改革総合支援事業、地方6・都市3のプラットフォーム選定 画像
教育業界ニュース

私大等改革総合支援事業、地方6・都市3のプラットフォーム選定

 文部科学省は平成30年2月5日、平成29年度(2017年度)私立大学等改革総合支援事業の支援対象校の選定結果を公表した。予算額は176億円。新設の「プラットフォーム形成」には、地方型6、都市型3のプラットフォームを選定した。

「地域元気指数」2位は東京都、3年連続の1位は? 画像
生活・健康

「地域元気指数」2位は東京都、3年連続の1位は?

 アール・ピー・アイは2017年12月21日、住民自身が地域の元気度合いを評価する「全国『地域元気指数調査2017』」の結果を発表した。都道府県部門の1位は3年連続で「沖縄県」、2位は「東京都」、3位は「神奈川県」がランクインした。

【高校受験2018】青森県高校入試、第1次進路希望調査・倍率…青森1.42倍、弘前1.55倍など 画像
教育・受験

【高校受験2018】青森県高校入試、第1次進路希望調査・倍率…青森1.42倍、弘前1.55倍など

 青森県教育委員会は平成29年11月30日、平成30年(2018年)3月県内中学校等卒業予定者の進路希望状況について、第1次調査の結果を公表した。11月15日現在、卒業予定者11,830人のうち99.2%が進学を希望。学校別の志望倍率は、青森1.42倍、弘前1.55倍、八戸1.35倍など。

都道府県別名字ランキング、全国トップ常連「佐藤」実は…1位は9都県だけ 画像
生活・健康

都道府県別名字ランキング、全国トップ常連「佐藤」実は…1位は9都県だけ

 「名字由来net」を運営するリクスタは、「『佐藤』さん都道府県別ランキング」を発表した。全国順位で1位常連の「佐藤」だが、都道府県別で見ると、1位なのは北海道、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、徳島県、大分県の9道県だった。

【高校受験2018】青森県立高の募集人員8,665人、前年度より150人減 画像
教育・受験

【高校受験2018】青森県立高の募集人員8,665人、前年度より150人減

 青森県教育委員会は10月25日、平成30年度(2018年度)県立高等学校・中学校入学者募集人員を発表した。中学校卒業予定者数が1万1,820人と見込まれ、県立高校(全日制)では前年度より150人減の8,665人を募集。青森県立三本木高等学校附属中学校が80人を募集する。

JAL×ベネッセ、地方発航空券+宿泊セット「大学受験応援パック」発売 画像
教育・受験

JAL×ベネッセ、地方発航空券+宿泊セット「大学受験応援パック」発売

 JALとベネッセは、首都圏の大学を目指す受験生を対象に、地方の各空港から羽田空港までの往復航空券と宿泊がセットになった「JALで行く 大学受験応援パック 東京」を発売する。対象期間は2018年2月・3月。プランは受験日に合わせて期間中毎日利用できる。

大賞は100万円、東北の未来を変える「U-25ビジネスコンテスト」9/22締切 画像
教育・受験

大賞は100万円、東北の未来を変える「U-25ビジネスコンテスト」9/22締切

 キッズドアは、25歳以下の若者を対象にしたビジネスコンテスト「U-25東北ソーシャルビジネスコンテスト」を開催、9月22日まで地域の課題を解決し東北の未来を明るく変えるようなビジネスプランを募集している。大賞には賞金として100万円が授与される。

家族でクルマを楽しもう、TOYOTA GAZOO Racing PARK体験記 画像
趣味・娯楽

家族でクルマを楽しもう、TOYOTA GAZOO Racing PARK体験記

 最近ではSUPER GTの来場者が過去最高を記録するなど、モータースポーツも盛り上がりを見せてきている。しかし日本においてモータースポーツが、プロ野球やサッカーほどの市民権を得たとは未だに言い難いのではいだろうか。

女性社長の出身大学、首都圏私大が上位占める 画像
教育・受験

女性社長の出身大学、首都圏私大が上位占める

 帝国データバンクは5月30日、全国女性社長分析(2017年)を発表した。女性社長は企業全体の7.69%で10年前と比較して1.45ポイント上昇。出身大学別では、トップが日本大学で2位は慶應義塾大学、3位は早稲田大学だった。

【夏休み2017】奥入瀬渓流で探検、星野リゾート「苔キッズ」7/22-8/31 画像
趣味・娯楽

【夏休み2017】奥入瀬渓流で探検、星野リゾート「苔キッズ」7/22-8/31

 星野リゾートは5月11日、ミクロの森を探検「苔キッズ」を7月22日から8月31日の間で開催すると発表した。苔の聖地とも言われる奥入瀬渓流で行われ、苔キッズのほか、星空やホタル観賞などナイトアクティビティも開催される。

子どもの数1,571万人、36年連続減で過去最低を更新…総務省 画像
生活・健康

子どもの数1,571万人、36年連続減で過去最低を更新…総務省

 総務省統計局は5月4日、15歳未満の子どもの人口推計を発表した。子どもの数は1,571万人で36年連続の減少、子どもの割合は12.4%で43年連続の低下となり、いずれも過去最低を更新した。都道府県別で前年より子どもの数が増えたのは東京都のみだった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top