【センター試験】河合塾「2012年度センター・リサーチ」

 河合塾では、大学入試センター試験の自己採点結果データを分析し、二次出願のための参考データとなる個人成績表を返却する「2012年度センター・リサーチ」を実施する。

教育・受験 受験
2012年度センター・リサーチ
  • 2012年度センター・リサーチ
  • Kei-Net
 河合塾では、今年も大学入試センター試験のデータ分析を行う「2012年度センター・リサーチ」を実施する。

 河合塾のセンター・リサーチは、全国最大規模の母集団を対象に、自己採点結果のデータを分析し、二次出願のための参考データとなる個人成績表を返却する無料のサービス。昨年度は大学入試センター試験受験者の4分の3にあたる415,789名が参加したという。

 1月14日・15日に実施される大学入試センター試験終了後、16日までに全国の河合塾校舎などの受付窓口までデータシートを提出する(事前申込は不要)。

 個人成績表の返却は、1月19日より開始予定。返却される資料には、教科・科目別の成績のほか、志望校の配点に換算した得点と合格可能性ライン、志望者平均点や得点帯別の人数分布などのデータも提供される。また、志望校の二次試験に必要な学力として、河合塾の全統記述模試の偏差値が提示されるという。

 なお、河合塾では大学入試情報サイト「Kei-Net」にて、センター試験の解答速報を1月14日に公開予定。また1月18日には、同塾の講師が、英語・数学・国語の問題について解説する動画の公開も予定している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)