【中学受験】広まるネット合格発表、学校ごとの工夫

教育・受験 受験

国士舘中学
  • 国士舘中学
  • 広尾学園中学校
 教育へのICT利活用は近年の大きなテーマとなっているが、中学受験も例外ではない。ここ数年、インターネットで入試当日に合格発表を行う学校が増加している。

 発表方法は、受験番号をそのまま掲載したり、時間を限って掲載したりとさまざまだ。受験生でなくては閲覧できないような工夫をしている学校もある。

 国士舘中学校はいち早く1日13時にホームページで合格発表を行った。受験生は受験番号とパスワードを入力すれば、合否を確認できる。同校は2月1日に午前、午後の2回の入試を実施し、2日に2回、4日に1回の入試を行う。

 広尾学園中学校では、受験番号と受験生の生年月日を入力すると合否を閲覧できる。同校も1日、午前、午後の2回の入試を実施しており、いずれも試験当日にインターネットで合格発表を行い、午前入試については当日校内掲示による合格発表も行っている。今後は2日に医進・サイエンス回、5日に第3回の入試を行う。なお、「ホームページによる合格発表は、速報としてお知らせをしているものであり、あくまで補助的な手段とお考えください。本校掲示を正式なものといたします。」とされているので注意が必要だ。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)