Java セキュアコーディングセミナー、学生向けに京都・横浜で無料開催

教育ICT その他

Java セキュアコーディングセミナー
  • Java セキュアコーディングセミナー
 JPCERTコーディネーションセンターと経済産業省は、Java言語での開発におけるセキュリティや脆弱性を取り巻く現状、セキュアコーディングの必要性を理解し、自ら学習するための方法や有効なリソースについて学ぶための「Java セキュアコーディングセミナー」を開催する。

 Java言語の知識のある学生(中学生、高校生、高等専門学校、大学、大学院等)で、ソフトウェア開発の経験のある者、ソフトウェア開発者を志す者、セキュアなプログラミングに興味がある者などを対象に無料で、2012年2月15日(水)にキャンパスプラザ京都、2012年2月18日(土)に慶應義塾大学日吉キャンパスで実施。定員は京都が30名、横浜が50名で、参加者多数の場合は先着順となる。

 申し込みは、Webサイトの案内に従い、メールにて行う。

◆Java セキュアコーディングセミナー
・Java言語におけるセキュリティや脆弱性を取り巻く現状認識
・脆弱性が及ぼす影響と脅威
・セキュアコーディングがなぜ必要なのか
・セキュアコーディングとは何か、すぐに実践できる対策手法
・Javaにおける脆弱なコーディングの事例の解説
・脆弱なコードが実際にどのように攻撃されるのか
・自ら学習し技術習得するための方法、有効なリソース
・コードレビューエクササイズ
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)