AIU米国高校生国際交流プログラム(国内)の参加者募集

教育・受験 その他

AIU高校生国際交流プログラム(国内)
  • AIU高校生国際交流プログラム(国内)
  • 2012年度の日程
 AIU米国高校生国際交流プログラムは2月24日、第19回AIU米国高校生国際交流プログラムの国内プログラムの参加者募集を開始した。

 同プログラムには、渡米プログラムと国内プログラムの2つがあり、1987年の発足以来、約1,200人の日本の高校生が渡米し、約400人の米国の高校生が来日したという。プログラムでは、「高校生外交官」として、日米の高校生が交流を通して異文化を学び、将来の国際的リーダーを目指すという。

 今回の募集は、7月30日から8月11日に京都で開催される国内プログラムの参加者。主な内容は、研修センターで、米国の高校生と共同生活をし、午前中は語学・文化の授業、午後はさまざまなアクティビティやプレゼンテーションを行う。海外からのゲストを日本で迎える国際交流だからこそできる、主体性と自主性を伸ばす機会が数多くあるという。

 応募資格は、所属学校長の推薦を受けた人で保護者の承諾を受けた人。派遣時(2012年7月)に高等学校2学年または3学年に在学している人。海外渡航経験は問わない。

 一次選考は参加申し込み書による書類選考、2次選考は面接となっている。必ず「募集要項」をダウンロードまたは資料請求をし、詳細を確認のこととなっている。

◆AIU高校生国際交流プログラム
募集人数:20名(男女各10名)
応募締切:4月20日(金)必着
参加期間:7月30日(月)〜8月11日(土)
応募資格:
・1高等学校につき、男女各2名、共学でない場合には男女いずれか4名まで
・高等学校、中等教育学校、高等専門学校に在学中で、所属学校長の推薦を受けた者
・保護者の承諾を受けた者
・参加時(2012年7月)に高等学校2学年又は3学年に在学している者
・健康で、団体生活及び交流行事に適応できる者
・オリエンテーション及びプログラム期間中、集合から解散まで全てのプログラムに他の参加生徒と一緒に参加できる者
・事前準備として、日本紹介プレゼンテーション準備、英語力向上などに積極的に取り組める者
・意欲的にプログラムに参加し、他の参加者と積極的にコミュニケーションをとれる者
・海外渡航経験は問わない
・AIU米国高校生国際交流プログラム参加経験者は応募不可
・AIU保険会社並びにグループ会社の関係者)社員、IS/ICON社員、代理店等)の家族でない者
選考方法:1次 書類選考、2次 面接等 5月13日(日)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)