中学生以上対象、「宇宙科学講演と映画の会」4/14

 宇宙科学研究所は、「第31回 宇宙科学講演と映画の会」を4月14日に四谷区民ホールで開催する。同イベントでは、「宇宙から宇宙を見る」、「はやぶさが持ち帰った微粒子について」の講演のほか、映画「日本のロケット開発の父~糸川英夫 生誕100年~」が上映される。

教育・受験 その他
第31回 宇宙科学と映画の会
  • 第31回 宇宙科学と映画の会
 宇宙科学研究所(ISAS)は、「第31回 宇宙科学講演と映画の会」を4月14日に四谷区民ホールで開催する。

 同研究所では、広く一般に宇宙科学への理解を深めてもらうために、宇宙理学と宇宙工学の話題の講演と、最新の研究内容の記録映像を紹介する会を、毎年都内で開催している。

 同イベントでは、中川貴雄教授による「宇宙から宇宙を見る」、藤村彰夫氏による「はやぶさが持ち帰った微粒子について」の講演のほか、映画「日本のロケット開発の父~糸川英夫 生誕100年~」が上映される。

 また、宇宙に関する疑問を直接研究者に聞く質疑応答も行われる。参加対象は中学生以上で参加費は無料、事前予約は不要。

◆第31回 宇宙科学講演と映画の会
日時:4月14日(土)13:30〜17:10(開場13:00)
場所:四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町87 四谷区民センター9階)
対象:中学生以上
定員:440名(先着順)
参加費:無料
[講演1]
・宇宙から宇宙を見る(60分)
 中川貴雄氏(宇宙科学研究所教授)
[講演2]
・「はやぶさ」が持ち帰った微粒子について(60分)
 藤村彰夫氏(月・惑星探査プログラムグループ研究開発室参与)
[映画]
・日本のロケット開発の父~糸川英夫生誕100年~(20分)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)