MS Officeを小学生向けにする「Dr.シンプラー」がExcelに新対応

教育ICT ソフト・アプリ

エクセルで「絵グラフ」を作成した作品
  • エクセルで「絵グラフ」を作成した作品
  • 「グラフ」リボン/「表とシート」リボン/「セルの書式」リボン
  • メニュー画面
  • エクセルで絵グラフを作成した作品
  • ワードで新聞を作成した作品
  • パワーポイントで発表資料を作成した作品
 ゼッタリンクスは4月23日、小学校向け学習支援ソフト「Dr.シンプラー 2010クラスマネージャー」を、表計算ソフトExcel(エクセル)に対応させた新製品を発表した。4月25日より販売を開始する。

 「Dr.シンプラー 2010 クラスマネージャー」は、Microsoft Officeを小学生でも簡単に利用できるインターフェイスを付加し、Officeを使った授業を支援するためのソフト。学校向けのオリジナルイラストやテンプレートも多数用意されている。

 今回、多くの先生から授業の中で表やグラフを作成する際にもExcelを活用したいとの要望を受け、従来のWord、PowerPoint、OneNoteに加えてExcelにも完全対応した。これにより、小学校の教科書にでてくる「絵グラフ」などを簡単に作成することができるようになる。また、タブレットPCなどのタッチ操作に対応したオリジナルのメニュー画面作成機能も搭載している。

 新機能では、Excelのメニューを小学生にもわかりやすい表記に変更している。対応グラフは、 絵グラフ・ 棒グラフ・ 折れ線グラフ・ 帯グラフ・ 円グラフ。算数の授業以外にも、理科や社会に出てくる「絵グラフ」は、グラフリボンの絵グラフボタンをクリックする操作で作成することが可能。また、列や行の幅を変更したいときもボタンをクリックするだけで調整でき、罫線の変更もマウスでドラッグするだけで簡単に線を引いたり消したりすることができる。

 なお、価格については導入状況により異なるため、個別に問い合わせのこと。

◆Dr.シンプラー 2010クラスマネージャー
発売日:4月25日(水)
価格:オープン
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)