漢検協会初の公式iPhoneアプリ登場、全級1万5,000問を収録

 イマジニアは、日本漢字能力検定協会(漢検協会)との共同企画により開発したiOS版アプリ「漢検スタート」の提供を11月17日より開始した。自分の漢字能力をチェックできるほか、本番を想定した模擬検定を行うこともできる。

教育ICT ソフト・アプリ
漢検スタート
  • 漢検スタート
  • 漢検スタート
  • 無料実力診断
  • 無料実力診断
  • 漢検スタート
  • 漢検スタート
  • 模擬検定
  • 模擬検定
 イマジニアは、日本漢字能力検定協会(漢検協会)との共同企画により開発したiOS版アプリ「漢検スタート」の提供を11月17日より開始した。

 「漢検スタート」は、2012年に改定された漢検の新審査基準に対応した漢検協会公式の漢検対策アプリ。過去に実際に出題された検定問題全級1万5,000問を収録する。「無料実力診断」「ドリルモード」「模擬検定モード」の3モードを搭載。実力診断で自分の漢字能力を手軽にチェックできるほか、本番を想定した模擬検定を行うこともできる。

 「無料実力診断」は、約10問の問題を解くと、自分の実力が漢検何級レベルか診断できる。

 「ドリルモード」は、漢字の読み、書き取りのほか、四字熟語、対義語・類義語、音と訓、画数など、さまざまな出題形式、級ごとに問題に取り組むことができる。間違えた問題に絞った反復学習機能や、学習カレンダー、問題消化率表示で継続的な学習をサポートする。

 「模擬検定モード」では、本番の検定さながらの力試しが可能。採点結果はレーダーチャートで表され、自分の得点と合格者の平均得点を比較するなど、苦手分野を一目でチェックできる。

 対応機種は、iOS7.0以降が動作するiPhone、iPad、iPod touch。なおAndroid版も順次対応する予定。アプリのダウンロードおよび10級~5級の「ドリルモード」約8,000問は無料。準1級~1級は各級500円(税込)、4級~2級は各級700円(税込)、模擬検定は各級200円(税込)。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)