金環日食を観測場所でシミュレーション、iPhone版「金環アプリ2012」

教育ICT ソフト・アプリ

「金環アプリ2012」スクリーンショット
  • 「金環アプリ2012」スクリーンショット
  • 「金環アプリ2012」スクリーンショット
  • 「金環アプリ2012」スクリーンショット
  • 「金環アプリ2012」スクリーンショット
  • 「金環アプリ2012」スクリーンショット
 天文関連のソフトウェア制作などを行うアストロアーツは、5月21日に見られる金環日食の観測をシミュレートできる無料iPhoneアプリ「金環アプリ2012」を公開している。
 
 同アプリでは、金環日食の太陽がどの方向に見えるかをシミュレートできる。事前に観測場所に立ち、iPhoneを空にかざすだけで、見える方向、太陽の欠け始め・最大・欠け終わりの時刻や様子などを正確に把握できる。

 同社は、当日になって見上げてみると建物の影だった、などということがないよう、同アプリを使ってシミュレーションしてほしいという。

 国内で観測できる日食は、次回が18年後の2030年。今回の金環日食を見逃さないよう、安全面も含めて準備を整えてほしい。

◆金環アプリ2012
価格:無料
条件:iPhone、iPod touch、およびiPadに対応。iOS 4.3以降が必要
金環アプリ2012 - AstroArts Inc.
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)