StarBoardを既存の黒板に設置可能なスライド式電子黒板

教育ICT その他

スライド式電子黒板
  • スライド式電子黒板
  • 製品構成
  • 使用イメージ
  • StarBoardシリーズ
 日立ソリューションズと日学は5月14日、電子黒板「StarBoard」を組み込み、既存の黒板に取り付けて利用するスライド式電子黒板について発表した。5月16日より、日学が販売を開始する。

 同製品は、累計210,000台以上の導入実績を持つインタラクティブホワイトボード「StarBoard」シリーズを開発する日立ソリューションズと、ホワイトボード・黒板メーカーである日学の協業により、両社の製品を組み合わせて実現したもの。既設の黒板やホワイトボードにスライドレールを取り付けて設置するもので、教室に新たな設置スペースを必要せずに電子黒板を導入できる。

 また、レール上をスライドし簡単に移動することが可能なため、既存の黒板と電子黒板を効果的に使い分けて授業をすすめていくことができる。移動時以外は、電子黒板を固定するレバーが働くほか、指を挟んでしまわないよう防止するカバーや、レールの両端は移動の衝撃を緩和する構造とするなど、安全性にも配慮されている。

 電子黒板は、指で画面の拡大・縮小したり、手書きした文字を消去したり、手のひらでページのスクロールが行える直観的な操作に対応。また、専用ソフトウェア「StarBoard Software」を標準搭載。ソフトには、算数、地理、理科などの小学校向けのコンテンツがあらかじめ同梱されており、教材づくりの手間を軽減できるという。

 価格はオープンプライス。既存の黒板に、スライド式電子黒板一式(電子黒板、スライドレール、プロジェクター、設置費込み)を導入した場合の市場予測価格は、約120万円程度となる見込み。

 なお同製品は、5月16日から18日にかけ東京ビックサイトで開催される「教育ITソリューションEXPO」の日学ブースにて、展示される予定だという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)