生きる力を発揮する仕組みとは…日本子ども学会の学術集会10月開催

教育・受験 その他

子ども学会議学術集会
  • 子ども学会議学術集会
  • プログラム
 日本子ども学会では、10月20日と21日に東京都千代田区のJST東京本部別館にて開催する「第9回 子ども学会議学術集会」の参加申し込みを受け付けている。

 日本子ども学会は、子どもに関する学理およびその応用の研究についての発表、知識の交換、会員相互の交流、情報等の提供、啓蒙活動を行なうことにより、総合的な学問領域としての「子ども学」の進歩普及を図る活動を行っている。

 同イベントでは、「子どもの生きる力を育む:エンパワメント環境づくりに向けて」をテーマに、未曽有の災害から新たな地平へ、子どもたちが「生きる力」を未来に向かって最大に発揮する仕組みづくりを考えるという。

 第1日目のプログラムでは、日立製作所フェローの小泉英明氏による基調講演「Sense of Wonderを育む科学と環境づくり」や、「子どもの生きる力を育むエンパワメント」と題したシンポジウムが行われる。

 また、2日目にはワークショップ「触れる、つくる、感じる 木育エンパワメント」や教育研修「根拠に基づく子育て子育ち支援 WEB活用の可能性」のほか、法政大学教授の石井享子氏による教育講演「スピリチャル・ケアとエンパワメント」などが予定されている。

 事前申し込みは、参加費を振込み後、メールにて連絡する。当日の受け付けも可能。なお、学部生は参加費が無料となっている。

◆第9回 子ども学会議学術集会
開催日:10月20日(土)・21日(日)
会場:JST東京本部別館 1階ホール(東京都千代田区五番町7K's五番町)
参加費:
(事前申込)会員3,000円、非会員4,000円、学部生無料
申込方法:参加費を振込み後メールで連絡※締切は7月31日
(当日受付)会員4,000円、非会員5,000円、学部生無料
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)