重さ約18グラムのデジタルトイカメラ、写真のほか動画撮影にも対応

デジタル生活 その他

ネックストラップで持ち歩きが可能
  • ネックストラップで持ち歩きが可能
  • 手に持ったイメージ
  • 「DSC mini」ブラック
  • 「DSC mini」ブラウン
  • 「DSC mini」グリーン
  • 「DSC mini」オレンジ
  • 「DSC mini」パープル
  • 「DSC mini」ホワイト
 ケンコーは28日、クラシックカメラ風のデザインを採用した重さ約18gのトイデジ「DSC mini」を販売開始した。価格はオープンで、予想実売価格は2,980円前後。

 同製品は幅50×高さ35×奥行き17mm、重さ約18gの小型サイズでありながら、有効画素数131万画素の1/10型CMOSセンサーを搭載する。静止画のほかに音声付きの動画撮影にも対応する。

 本体背面にマグネットを内蔵し、冷蔵庫などにくっつけておくこともできる。また、付属のネックストラップを利用して首からさげて持ち歩くことも可能。

 バッテリはリチウムイオン充電池を内蔵し、充電はパソコンへのUSB接続で行なう。外部メディアは、最大2GBのmicroSDカードと最大16GBのmicroSDHCカードに対応する。

 対応OSはWindows 7(32ビット版)/Vista(32ビット版)/XP SP2。保存形式は静止画がJPEG、動画がAVI、音声がPCM。インターフェースはUSB2.0。カラーバリエーションはブラック/ブラウン/グリーン/オレンジ/パープル/ホワイトの全6色。

クラシック風デザインを採用した小型トイデジ……131万画素のCMOSセンサーを搭載

《丸山 朋之@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)