消費者庁、ネットにおける健康食品の虚偽・誇大表示で改善要請

生活・健康 その他

平成23年10月から12月の期間に実際に表示されていた健康保持増進効果等について(一部)
  • 平成23年10月から12月の期間に実際に表示されていた健康保持増進効果等について(一部)
  • 平成23年度インターネット監視結果
 消費者庁は29日、インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示について、改善要請等を行ったことを公表した。

 2011年10月から12月の期間、虚偽・誇大表示の監視を実施した結果、153事業者による174商品の表示について、「健康増進法第32条の2」に違反するおそれのある文言等があったとのこと。監視は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認した。

 「ガン予防」「抗腫瘍」「糖尿病治療・改善」「高血圧改善」等の疾病の治療・予防に効果があるかのような表現等が対象。消費者庁では29日に、これらの事業者に対し、表示の適正化を求めるとともに、ショッピングモール運営事業者へも協力を要請した。

消費者庁、ネットにおける健康食品の虚偽・誇大表示で、153事業者に改善要請

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)